意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「横殴り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「横殴り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「横殴り」という言葉を使った例文や、「横殴り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「横殴り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「横殴り」とは?
  • 「横殴り」を使った例文や短文など
  • 「横殴り」の類語や類義語・言い換え


「横殴り」とは?

「横殴り」という言葉を知っているでしょうか。

「横殴りの雨」に降られた経験があるかもしれません。

一方で、「横殴り」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「横殴り」という言葉の意味を紹介します。

  • 「横殴り」の読み方
  • 「横殴り」の意味

「横殴り」の読み方

「横殴り」「よこなぐり」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「横殴り」「よこなぐり」と読みましょう。

「横殴り」の意味

「横殴り」には、どのような意味があるでしょうか。

「横殴り」には、「横の方から殴りつけること」という意味があります。

また「風雨が横から吹き付ける」という意味があります。

例えば「横殴りの雨に降られた」という時は、強い雨が横から吹き付けたという意味になります。

このように「横殴り」という言葉には「横の方から殴りつけること」「風雨が横から吹き付ける」という意味があります。



「横殴り」を使った例文や短文など

「横殴り」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「横殴り」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「横殴り」を使った例文1
  • 「横殴り」を使った例文2

「横殴り」を使った例文1

「喧嘩に途中から参加し、敵を『横殴り』にする」

この例文は、大勢の喧嘩に途中から加わり、敵の誰かを横から殴ったという意味があります。

手や足が、後ろや横から飛び出てくる、大変な事態ではないでしょうか。

「横殴り」を使った例文2

「ゲリラ豪雨に偶然遭い、『横殴り』の雨を浴びる」

この例文のように、ゲリラ豪雨に出遭うと、横から叩きつけるような雨に降られることになります。

全身びしょ濡れになってしまうかもしれません。

「横殴り」の類語や類義語・言い換え

「横殴り」の類語や類似表現を紹介します。

「横殴り」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「肘鉄砲」【ひじでっぽう】
  • 「叩きつける」【たたきつける】

「肘鉄砲」【ひじでっぽう】

「肘鉄砲」には、「肘で人を突きのけること」という意味があります。

また「相手の申し出や誘いをはねつける」という意味があります。

「デートの誘いに肘鉄砲を食らわせる」という時は、デートの誘いをはねつけるという意味があります。

「叩きつける」【たたきつける】

「叩きつける」には「激しく打ち付ける」という」意味があります。

「背中を土俵に叩きつける」という時は、力士が上手投げなどをして、相手力士を裏返し、土俵に激しく打ち付けるという意味があります。



icon まとめ

「横殴り」という言葉について見てきました。

横の方から殴りつける時、また風雨が横から強く吹き付ける様子を見た時に、「横殴り」という言葉を使ってみましょう。