意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「おもてなし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「おもてなし」という表現を知っているでしょうか。

ここではおもてなし」という言葉について詳しく紹介していきます。

おもてなし

Meaning-Book
「おもてなし」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「おもてなし」とは?
  • 「おもてなし」の表現の使い方
  • 「おもてなし」を使った例文と意味を解釈
  • 「おもてなし」の類語や類義語


「おもてなし」とは?

「おもてなし」というのは心のこもった待遇を指しています。

顧客に対して心を込めて接待やサービスをするということを指しており、「もてなし」という表現に「お」をつけた丁寧な言い回しになります。

また、2013年9月7日でも国際オリンピック委員会の第125次IOC総会では滝川クリステルが「おもてなし」と発言し、この表現は2013年、新語・流行語大賞に選ばれました。

日本文化として知られており、地方公共団体の中には「おもてなし課」を設けている場所もあります。



「おもてなし」の表現の使い方

旅館やホテルなどでは、「おもてなし精神」が大切にされますよね。

お客さんたちの満足度を高めるために、様々なサービスを提供しています。

日本人としてはぜひ覚えておきたい表現の1つです。

裏表なくお客様を迎える、想定外の気遣いをする、などということで「おもてなし」を表現することもあります。

ただし、海外からはこの「おもてなし」がおせっかいだと思われてしまうこともあります。

「おもてなし」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「おもてなし」を使った例文1
  • 「おもてなし」を使った例文2

「おもてなし」を使った例文1

「おもてなし精神を忘れないようにしたいですね」

お店を構えるにせよ、旅館やホテルを経営するにせよ、日本人のお客さんを迎える場合はおもてなし精神が大切です。

日本のサービスは世界的にもトップクラスと言われていますが、このおもてなし精神は外国人観光客から喜ばれることもありますね。

また、日本はとても綺麗で、どこに行っても清潔です。

このような清潔さもサービスとして重要であり、日本人や外国人から高く評価されています。

「おもてなし」を使った例文2

「相手のニーズに立ったおもてなしを考える必要があります」

おもてなしをするならば、相手の必要に応じたもてなしをしなければいけません。

というのは、相手が必要ないと思っているものを良かれと思って提供しても意味がないですよね。

そのため、相手のニーズに見合ったおもてなしが必要です。

必要ではないおもてなしは単なる自己満足になってしまう可能性がありますので、相手の様子を見てしっかりとおもてなしを判断しなければいけません。



「おもてなし」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「接待」【せったい】
  • 「歓待」【かんたい】

「接待」【せったい】

「接待」は客をもてなすこと、という意味です。

仏教ではお布施の1つで、道の脇にお茶やお湯を用意して行き交う人に振る舞うという意味があります。

「歓待」【かんたい】

「歓待」は喜んで手厚くもてなすこと、という意味になります。

例えば「使節団を歓待する」あと使われます。

icon まとめ

「おもてなし」という表現は日本の生活においてはなくてはならない表現です。

ぜひ覚えておきたいですね。