意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「三昧」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「三昧」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「三昧」という言葉を使った例文や、「三昧」の類語を紹介して行きます。

三昧

Meaning-Book
「三昧」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「三昧」とは?
  • 「三昧」を使った例文や短文など
  • 「三昧」の類語や類義語・言い換え


「三昧」とは?

みなさんは「三昧」という言葉を知っているでしょうか。

「美食三昧」の毎日を過ごしている人もいるでしょう。

一方で、「三昧」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「三昧」という言葉の意味を紹介します。

  • 「三昧」の読み方
  • 「三昧」の意味

「三昧」の読み方

「三昧」「ざんまい」または「さんまい」と読みます。

「さんみ」などと読み間違えないよう、気を付けましょう。

これを機会に、「三昧」「ざんまい」と読みましょう。

「三昧」の意味

「三昧」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「三昧」には、「そのことに熱中する」「心のままにする」という意味があります。

「美食三昧」という時は、美味しい食べ物を食べることに熱中するという意味があります。

このように「三昧」という言葉には、「そのことに熱中する」「心のままにする」という意味があります。



「三昧」を使った例文や短文など

次に「三昧」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「三昧」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「三昧」を使った例文1
  • 「三昧」を使った例文2

「三昧」を使った例文1

「お金持ちと結婚し、贅沢『三昧』な暮らしをする」

この例文に登場する女性は、お金持ちと結婚したため、お金に不自由しなくなったようです。

心の向くままに高級な服を購入したり、家具を購入するなど、贅沢の限りを尽くす、「贅沢三昧」な日々を送っています。

「三昧」を使った例文2

「週末はゲーム『三昧』と決めている」

この例文に登場する人の趣味は、ゲームなのでしょう。

平日は仕事や学業で頑張り、休日は、ゲームに熱中して過ごすタイプの人です。

このようなメリハリのある生活は、活力を生むかもしれません。

「三昧」の類語や類義語・言い換え

続いて「三昧」の類語や類似表現を紹介します。

「三昧」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「天国」【てんごく】
  • 「傾注」【けいちゅう】

「天国」【てんごく】

「天国」には「其処に暮らす人にとっての理想の社会」という意味があります。

例えばお菓子が好きな人にとって、お菓子会社で働く時、「お菓子天国で働く」と言えるかもしれません。

「傾注」【けいちゅう】

「傾注」には、「精神や力を一つのことに集中すること」という意味があります。

「読書に傾注する」という時は、読者に全神経を集中するという意味があります。

「仕事に傾注する」「恋愛に傾注する」などと言う使い方をします。



icon まとめ

「三昧」という言葉について見てきました。

何かに熱中している時、心のままに何かをしている時に、「三昧」という言葉を使ってみましょう。