意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遺留」の意味とは!類語や概要

「遺留」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「遺留」という言葉を使った例文や、「遺留」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「遺留」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「遺留」とは?
  • 「遺留」を使った例文や短文など
  • 「遺留」の類語や類義語・言い換え


「遺留」とは?

「遺留」という言葉を知っているでしょうか。

「遺留品」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「遺留」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「遺留」という言葉の意味を紹介します。

  • 「遺留」の読み方
  • 「遺留」の意味

「遺留」の読み方

「遺留」「いりゅう」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「遺留」「いりゅう」と読みましょう。

「遺留」の意味

「遺留」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「遺留」には、「所持品などを置き忘れること」という意味があります。

また「死後に残すこと」という意味もあります。

「遺留品」は誰かが死後に残した物、また置き忘れた物という意味があります。

このように、「遺留」という言葉には、「所持品などを置き忘れること」「死後に残すこと」という意味があります。



「遺留」を使った例文や短文など

次に「遺留」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「遺留」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「遺留」を使った例文1
  • 「遺留」を使った例文2

「遺留」を使った例文1

「犯人は犯行現場に、刃物を『遺留』していた」

この例文は、何かの事件の犯人が、犯行現場とされる場所に、刃物を置き忘れたという意味があります。

刃物に指紋などが残って入れば、犯人を特定するのに役立ち、事件解決に近づくかもしれません。

このように「遺留」には、「所持品などを置き忘れること」という意味があります。

「遺留」を使った例文2

「『遺留』品から、残した人の人柄を探る」

この例文は、亡くなった人が残し物をもとに、その人の人柄などを分析する場面になります。

例えば「遺留品」にライターがあれば、亡くなった人はたばこを吸う人だったことが分かるかもしれません。

このように、亡くなった人が残した物を「遺留品」と呼びます。

「遺留」の類語や類義語・言い換え

続いて「遺留」の類語や類似表現を紹介します。

「遺留」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「形見の品」【かたみのしな】
  • 「遺産」【いさん】

「形見の品」【かたみのしな】

「形見の品」という言葉には、「死んだ人が残した物」という意味があります。

誰かが亡くなった後で、腕時計や指輪などを、その人の子供などに渡す時、「形見の品です」などと言います。

「遺産」【いさん】

「遺産」という言葉には、「死後に残した財産」という意味があります。

家や土地、貴金属など価値が付くものが「遺産」になります。



icon まとめ

「遺留」という言葉について見てきました。

所持品などを置き忘れてしまった時、誰かが死後に残した物について話をする時、「遺留」という言葉を使ってみましょう。