意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恩師」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「恩師」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「恩師」という言葉について詳しく紹介していきます。

恩師

Meaning-Book
「恩師」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「恩師」とは?
  • 「恩師」の表現の使い方
  • 「恩師」を使った例文と意味を解釈
  • 「恩師」の類語や類義語


「恩師」とは?

「恩師」というのは教えを受け、お世話になった先生という意味を指します。

例えば、高校や大学で様々な先生にお世話になってきたという人も多いのではないでしょうか。

特にそのような中で進学や就職の時に力になってくれたり、困った時に相談に乗ってくれたり、という先生のことをよく覚えているという人もいるかもしれませんね。

理論上はお世話になった先生であれば誰でも「恩師」になりますが、例えば結婚式などには特にお世話になった「恩師」を招くという人もいるかもしれません。

  • 「恩師」の読み方

「恩師」の読み方

「恩師」「おんし」と読みます。

社会人としては知っておきたい表現の1つですのでぜひ覚えておきましょう。



「恩師」の表現の使い方

「恩師」という表現は例えば「結婚式に恩師を招待する」などという形で使われます。

結婚式では「恩師」や上司に祝辞をお願いする人もいるかもしれませんね。

また、社会人になっても大学の「恩師」と食事に行く、飲みに行く、などという人もいるのではないでしょうか。

大学時代の友人と会うと「恩師」の話で盛り上がるかもしれません。

このように、「恩師」というのは社会人として知っておきたい表現の1つです。

「恩師」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「恩師」を使った例文1
  • 「恩師」を使った例文2

「恩師」を使った例文1

「結婚式に恩師を招き、久しぶりに話しました」

結婚式では恩師を招待するという人も多いのではないでしょうか。

仕事をしている人であれば職場の上司などに祝辞をお願いするケースが多いかもしれませんが、やはり大学時代の恩師などはしっかりと忘れずに招待し、自分の晴れ姿を見て欲しいですよね。

結婚式では大学時代の友人と久しぶりに会えた、などという人もいるのではないでしょうか。

「恩師」を使った例文2

「高校時代は素晴らしい恩師に恵まれました」

恩師というとどうしても大学時代のゼミの先生などを思い浮かべる人もいるかもしれません。

私、中学や高校で素晴らしい恩師に出会ったという人もいるかもしれませんね。

特に高校は就職をするか進学をするか悩む時期であり、恩師には苦労をかけたという人もいるかもしれません。

高校の先生とはすでに連絡を取り合っていないという人もいるかもしれませんが、その一方で忘れられない先生がいるという人も珍しくないかもしれません。



「恩師」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「師範」【しはん】
  • 「師匠」【ししょう】

「師範」【しはん】

「師範」とは学問や技芸を教える人、という意味です。

流派や道場から門下生を指導するものに対して与えられる称号です。

「師匠」【ししょう】

「師匠」も学問や技術、遊芸を教える人を指しています。

簡単に言えば先生という意味であり、「師匠」「弟子」に学問などを教えます。

icon まとめ

心に残る「恩師」がいるというのは幸せなことです。

そのような出会いをぜひ大切にしたいですね。