意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「年季が入る」とは?意味や類語!例文と解釈

「年季が入る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「年季が入る」という言葉を使った例文や、「年季が入る」の類語を紹介して行きます。

年季が入る

Meaning-Book
「年季が入る」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「年季が入る」とは?
  • 「年季が入る」の英語と解釈
  • 「年季が入る」の表現の使い方
  • 「年季が入る」を使った例文や短文など
  • 「年季が入る」の類語や類義語・言い換え


「年季が入る」とは?

「年季が入る」という言葉を知っているでしょうか。

「年季が入ったカバン」を持っている人もいるでしょう。

一方で、「年季が入る」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「年季が入る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「年季が入る」の読み方
  • 「年季が入る」の意味

「年季が入る」の読み方

「年季が入る」「ねんきがはいる」と読みます。

「年季」「ねんき」「入る」「はいる」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「年季が入る」の意味

「年季が入る」という言葉の意味を紹介します。

「年季が入る」には、「年月を経て、成熟する様子」という意味があります。

「年季の入ったカバン」という文章には、年月を経て成熟した様子のカバンという意味があります。

また「年季が入る」には、「長い間修練を積んで、確かな腕をしている」という意味があります。

職人の技などを見た時に、「年季が入った技」という言葉を使います。

このように、「年季が入る」という言葉には、「年月を経て、成熟する様子」「長い間修練を積んで、確かな腕をしている」という意味があります。



「年季が入る」の英語と解釈

年季が入る meaning in english

「年季が入る」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「年季が入る」は英語で、“to become experienced”になります。

“to become experienced”には「経験を積む」「年季を積む」という意味があります。

「年季が入る」という言葉を英語にしたい時は、“to become experienced”という英語を使ってみましょう。

「年季が入る」の表現の使い方

「年季が入る」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「年季が入る」には、年月を経て熟成する様子という意味や、長い間修練を積んだ技などの意味があります。

長持ちしている家具や道具は、年月を経て、購入したばかりの頃より成熟しているため、「年季が入ったテーブル」などと表現してみましょう。

またスポーツのベテラン選手の技を見た時に、「年季が入った」という言葉を使ってみましょう。



「年季が入る」を使った例文や短文など

「年季が入る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「年季が入る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「年季が入る」を使った例文1
  • 「年季が入る」を使った例文2

「年季が入る」を使った例文1

「すっかり『年季が入った』車を運転して会社に行く」

この例文は、購入してから何年も経った、自動車を運転して、会社に行く様子を文章にしたものです。

この人の愛車は長年月日を経て、すっかり古くなりましたが、きちんと手入れをしているため、ボロというより、成熟した「年季が入った」雰囲気が漂っているようです。

「年季が入る」を使った例文2

「ベテラン投手の『年季が入った』ピッチング」

40代に入るようなベテラン投手は、若い投手のようなスピードボールは投げられないかもしれません。

しかし、長い間野球を研究し、スキルを磨いてきたため、確かな腕を持っています。

いぶし銀の「年季が入った投球」が見られるかもしれません。

「年季が入る」の類語や類義語・言い換え

「年季が入る」の類語や類似表現を紹介します。

「年季が入る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「古びた」【ふるびた】
  • 「円熟」【えんじゅく】

「古びた」【ふるびた】

「古びた」には、「物が古くなり、その様子が目で見てわかる様子」という意味があります。

「古びた住居」「古びた茶碗」などという使い方をします。

「円熟」【えんじゅく】

「円熟」という言葉には、「人格や知識などが円満に発達し、豊かな内容を持っていること」という意味があります。

「円熟した人」「技が円熟期を迎える」などという使い方をします。

icon まとめ

「年季が入る」という言葉について見てきました。

年月を経て、成熟した様子の人を見た時、長い間修練を積んで確かな腕を持っていると感じる人を見かけた時に、「年季が入る」という言葉を使ってみましょう。