意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「統率力」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「統率力」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉はビジネスの世界では、よく使われている言葉で、「統率力」を持っている人は組織の中での中心人物となっています。

そこで、今回はこの「統率力」という言葉にフォーカスして、言葉の意味や使い方を学んでいくことにしましょう。

Meaning-Book
「統率力」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「統率力」とは?
  • 「統率力」の英語と解釈
  • 「統率力」の表現の使い方
  • 「統率力」を使った例文と意味を解釈
  • 「統率力」の類語や類義語


「統率力」とは?

「統率力」とは、「目標を達成するために組織やチームといった集まりの中で、そのメンバーをまとめて、牽引していく力や魅力、能力」のことを指しています。

  • 「統率力」の読み方

「統率力」の読み方

「統率力」「とうそつりょく」という読み方になりますので、ここで間違いのないようにしっかりとチェックして覚えておいてください。

社会人になると、頻繁に使われる言葉です。



「統率力」の英語と解釈

「統率力」を英語で表現すると、“leadership”という言葉で訳すことができます。

「統率力」の表現の使い方

「統率力」という言葉を使う場面としては、組織の中で最適な意思決定を行ったり、チームやグループ、あるいはプロジェクトのような組織のメンバーの成長や能力に合わせた適切な指導を行っていくこと、あるいは、自分の後輩や部下の存在価値をキチンと認めてあげながら、その人が担当する仕事がスムーズに進んでいくように導いていく場合があります。



「統率力」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「統率力」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「統率力」を使った例文1
  • 「統率力」を使った例文2

「統率力」を使った例文1

「統率力のある人は、部下や後輩社員に対して、その人に必要と追われるな適切な指導を行って牽引していくことができます」

組織の中でも、メンバーの目標達成に向けて、「統率力」を持って、部下を引っ張っていくことで、その組織を1つにまとめていくことができます。

「統率力」は、部下が自分の能力や才能を最大限に発揮できるように育成しながら、チームや組織全体を目的に持っていく力と言えるでしょう。

「統率力」を使った例文2

「彼が学生時代にアルバイトのリーダーを努めた経験がありますが、その中でも特に新人の教育を任されていたので、そこで統率力が養われたと思っています」

「統率力」は社会人だけでなく、学生時代でも組織の中心人物として、周囲の人に大きな活力を与えることがあります。

特にアルバイトを通して、その「統率力」を養って、就職後に活かすことができる人も少なくありません。

「統率力」の類語や類義語

では、ここで「統率力」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような類義語があるかを見ていくことにします。

  • 「牽引力」【けんいんりょく】
  • 「指導力」【しどうりょく】

「牽引力」【けんいんりょく】

「牽引力」という言葉が「統率力」の類義語として挙げることができます。

「牽引力」「車で物を引っ張っていく」という意味がありますが、「多くの人々の先頭に立って引っ張っていく」という意味もあります。

「指導力」【しどうりょく】

「指導力」という言葉も類義語として扱うことができますが、「部下や後輩を育成すること」「指導できる力量」という意味があります。

この言葉には、「まとめる力」という意味合いもありますが、「牽引力」に似ている意味合いもあります。

「部下をしっかりとまとめて指導していく」という意味で使うことができる言葉です。

icon まとめ

「統率力」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉が当てはまる人は、組織の中で貴重な人材を言えます。

組織では、目標達成のためには、戦略となる優秀な人材が必要となってきますが、その多くの人材を1つにまとめて引っ張って行かないと、何の意味もありません。

そのためには、「統率力」のある人がどうしても必要になってくるのです。