意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「信賞必罰」とは?意味や類語!例文と解釈

「信賞必罰」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「信賞必罰」という言葉を使った例文や、「信賞必罰」の類語を紹介して行きます。

信賞必罰

Meaning-Book
「信賞必罰」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「信賞必罰」とは?
  • 「信賞必罰」の英語と解釈
  • 「信賞必罰」の表現の使い方
  • 「信賞必罰」を使った例文や短文など
  • 「信賞必罰」の類語や類義語・言い換え


「信賞必罰」とは?

「信賞必罰」という言葉を知っているでしょうか。

「信賞必罰」をモットーにした会社で働いている人もいるでしょう。

一方で、「信賞必罰」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「信賞必罰」という言葉の意味を紹介します。

  • 「信賞必罰」の読み方
  • 「信賞必罰」の意味

「信賞必罰」の読み方

「信賞必罰」という言葉には、「しんしょうひつばつ」と読みます。

「信賞」「しんしょう」「必罰」「ひつばつ」と読みます。

これを機会に、「信賞必罰」「しんしょうひつばつ」と読みましょう。

「信賞必罰」の意味

「信賞必罰」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「信賞必罰」には、「功績があれば必ず賞を与え、罪があれば必ず罰すること」という意味があります。

「信賞必罰をモットーにした会社」は、お気に入りの社員には賞を与えて、ミスをしても罰を与えないというようなことはなく、全ての社員を平等に見て、賞を与えたり罰したりする会社になります。

このように、「信賞必罰」という言葉には、「功績があれば必ず賞を与え、罪があれば必ず罰すること」という意味があります。



「信賞必罰」の英語と解釈

信賞必罰 meaning in english

「信賞必罰」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「信賞必罰」は英語で、“sure punishment or reward”になります。

“sure punishment or reward”には「罰、または報酬」「信賞必罰」という意味があります。

このように「信賞必罰」を英語にしたい時は、“sure punishment or reward”という英語を使ってみましょう。

「信賞必罰」の表現の使い方

「信賞必罰」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「信賞必罰」には功績があれば必ず賞を与え、罪があれば必ず罰することという意味があります。

そのため賞罰のルールを明確にし、確実に実行されている会社や組織を見た時に、「信賞必罰」という言葉を使ってみましょう。



「信賞必罰」を使った例文や短文など

「信賞必罰」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「信賞必罰」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「信賞必罰」を使った例文1
  • 「信賞必罰」を使った例文2

「信賞必罰」を使った例文1

「『信賞必罰』が正しい競争原理を生む」

この例文のように、厳正に決められた賞罰のルールに基づき、実行されている会社ほど正しい競争原理を生むでしょう。

頑張って結果を出せば表彰され、ミスをすれば罰せられると知っているためです。

「信賞必罰」を使った例文2

「親族会社ほど、『信賞必罰』が必要だ」

この例文のように、経営者一族による世襲制の会社ほど、「信賞必罰」が必要かもしれません。

親族以外の社員に平等感を与え、親族社員に緊張感を与えるためです。

「信賞必罰」の類語や類義語・言い換え

「信賞必罰」の類語や類似表現を紹介します。

「信賞必罰」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「アメと鞭」【あめとむち】
  • 「勧善懲悪」【かんぜんちょうあく】

「アメと鞭」【あめとむち】

「アメと鞭」には、「しつけなどにおいて、甘やかす面と厳しくする面を併用する様子」という意味があります。

「アメと鞭を使い分ける」などという使い方をします。

「勧善懲悪」【かんぜんちょうあく】

「勧善懲悪」には、「善事を勧め、悪事を懲らすこと」という意味があります。

ヒーロー物の作品は、ほとんどの場合、この「勧善懲悪」のルールで物語が進んでいます。

icon まとめ

「信賞必罰」という言葉について見てきました。

功績があれば必ず賞を与えて、罰があれば必ず罰するようなルールがある会社などについて語る時、「信賞必罰」という言葉を使ってみましょう。