意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「離席」の意味とは!類語や概要

「離席」とは、「会社などで自分の席を離れること」を意味する言葉です。

「離席」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

離席

Meaning-Book
「離席」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「離席」とは?
  • 「離席」の表現の使い方
  • 「離席」を使った例文と意味を解釈
  • 「離席」の類語や類義語


「離席」とは?

「離席」という表現は、「会社などで自分の席を離れること」「職場で自分の席を立っていて不在である状態」を意味しています。

「離席」というのは、「会社(職場)で自分の席を離れていて、すぐに応答・対応ができない状態」を意味する表現なのです。

  • 「離席」の読み方

「離席」の読み方

「離席」の読み方は、「りせき」になります。



「離席」の表現の使い方

「離席」の表現の使い方は、「職場で自分の席を離れていて不在の場合」「会社で自分の席を立っていてすぐに対応できない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「関係者が事務所に挨拶に来た時、課長は離席していました」といった文章で使用できます。

「離席」を使った例文と意味を解釈

「離席」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「離席」を使った例文1
  • 「離席」を使った例文2

「離席」を使った例文1

「申し訳ございませんが、ただいま担当者が会議で離席致しておりますので、折り返しご連絡をさせて頂きます」

この例文は、「申し訳ございませんが、ただいま担当者が会議で席を外しております(席を離れていて不在です)ので、折り返しご連絡をさせて頂きます」ということを意味しています。

「離席」を使った例文2

「離席中に限って大切なクライアントから重要な案件の電話がかかってくることが多く、心理的に慌ててしまいます」

この例文は、「席を外している時(席を離れて不在の時)に限って大切なクライアントから重要な案件の電話がかかってくることが多く、心理的に慌ててしまう」ということを意味しています。



「離席」の類語や類義語

「離席」の類語・類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「席を外している・席を立っている」
  • 「不在・出ている」

「席を外している・席を立っている」

「離席」の類語・類義語として、「席を外している・席を立っている」があります。

「離席」という表現は、「会社で自分の席を外していて不在であること」「職場で自分の席を立っていてそこにいないこと」を意味しています。

その意味から、「離席」と良く似た類義語として、「席を外している・席を立っている」の表現を指摘できます。

「不在・出ている」

「離席」の類語・類義語には、「不在・出ている」があります。

「離席」という表現は、「職場で自分の席を離れていて不在であること」「席を立っていて外に出ていること」を意味しています。

その意味から、「離席」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「不在・出ている」の表現を上げられるのです。

icon まとめ

「離席」という言葉について解説しましたが、「離席」には「会社などで自分の席を離れること・席を外すこと」などの意味があります。

「離席」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「席を外している・席を立っている」「不在・出ている」などがあります。

「離席」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。