意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「模擬戦」とは?!読み方や解説

「模擬戦」は、実際の戦闘ではない訓練行為の一環です。

Meaning-Book
「模擬戦」とは?!読み方や解説>


目次

  • 「模擬戦」とは?
  • 「模擬戦」の概要


「模擬戦」とは?

「模擬戦」とは、本当の戦闘行為ではなく、それを想定して行う訓練の1つです。

実際の相手となる対象とそれと分かって行うこともあれば、味方同士で行う場合もあります。

色々なゲームで、実際のプレイの前のチュートリアルとして、これが用意されている場合があります。

それによって、戦闘シーンのプレイ感覚を掴むのが目的です。

  • 「模擬戦」の読み方

「模擬戦」の読み方

「模擬戦」は、「もぎせん」と読んでください。

戦闘行為だけでなく、スポーツの試合においても使われる言葉で、例えば、ボクシングで試合の前の調整の為に行われる「スパーリング」も模擬戦の1つだと言えるでしょう。



「模擬戦」の概要

スポーツの練習試合を、この「模擬戦」と表現することがあります。

この場合には、実際の試合とほぼ同じルールで行うにも関わらず、特に(公式に)記録が残らないことから、このように表現されます。

プロ野球の「オープン戦」も、模擬戦と言えば模擬戦です。

勝敗表こそ残りますが、シーズンの成績や選手の個人成績にも全く影響がなく、シーズン前の調整が目当てで出場し、本気ではプレイしない選手も多いです。

この模擬戦は、そのような目的も含めて行われるものです。

icon まとめ

模擬戦は、あくまで戦闘(や試合)の類似行為ながら、実戦の為のいいテストになると考えていいでしょう。

また、実戦で行ったことがない作戦などを試すいい機会でもあります。