意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「器が小さい」の意味とは!類語や概要

「器が小さい」という言葉は日常会話などでもわりと頻繁に使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「器が小さい」という言葉の理解を深めていきましょう。

器が小さい

Meaning-Book
「器が小さい」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「器が小さい」とは?
  • 「器が小さい」の表現の使い方
  • 「器が小さい」を使った例文と意味を解釈
  • 「器が小さい」の類語や類義語


「器が小さい」とは?

「器が小さい」とは、容れ物の容量が少ないということですが、そこから、人間的に小さい、人格、才能が乏しい人のことを言う言葉です。

  • 「器が小さい」の読み方

「器が小さい」の読み方

「器が小さい」とは「うつわがちいさい」と読みます。



「器が小さい」の表現の使い方

「器が小さい」とは、人として小さい、つまりちょっとしたことでうろたえる、怒る、パニックになるといった人などは「器が小さい」と形容されます。

このような意味ですから、当然いい意味はなく、言われたくない言葉ですから、面と向かって相手に言うのは争いごとになったり、場合によってはパワハラ、人格否定といった問題にもなります。

注意して使うようにしましょう。

「器が小さい」を使った例文と意味を解釈

それでは「器が小さい」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「器が小さい」を使った例文1
  • 「器が小さい」を使った例文2

「器が小さい」を使った例文1

「こんなことで腹を立てるなんて、あいつは本当に器が小さいな」

小さなことで腹を立てたり、相手に対する思いやりがないような人は、人としての「器が小さい」などと言われます。

「器が小さい」を使った例文2

「上司はすべてにおいて器が小さい癖に、大きく見せたがる」

「器が小さい」とは「すぐに怒る」「すぐにいじける」といった性格的に難がある場合も言いますが、「仕事がさばけない」「能力、才能が乏しい」といった場合にも使います。

そのわりに自分を実力以上に見せたがることがあり、例文はそれを言い表しているのです。



「器が小さい」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「器が小さい」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「包容力がない」【ほうようりょくがない】
  • 「度量が小さい」【どりょうがちいさい】

「包容力がない」【ほうようりょくがない】

「包容力」とは相手のこと、物事を寛大に受け入れる力のことで、心の大きさのことでもあります。

「包容力がない」とは寛大になれなくて、心が小さいという意味ですから、悪い意味合いとなります。

「つき合っていくうちに彼が包容力がないって気づいたの」「包容力がない母親で、あれじゃ子供がかわいそうだよ」などと使います。

「度量が小さい」【どりょうがちいさい】

「度量が小さい」とは人の言動を受け入れる寛容さがない、すぐに人に厳しく言ったり、受け入れることができないことを言います。

「度量が小さい連中だから、新人いびりをするのよ」「あなたがこんなに度量が小さい人だとは思わなかった」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「器が小さい」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「器が小さい」とは才能、人格、器量、人としての大きさといったものがないという意味で使いますので、いい意味合いはありません。

人に対して使う際には慎重に、注意して使うようにしましょう。

思っていても、面と向かって言わないようにするのが賢明です。