意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「越権行為」の意味とは!類語や概要

皆さんは「越権行為」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉を耳にすると、かなり難しそうな印象を覚えるのですが、身近な場面でもこの言葉が当てはまるシーンが結構あるものです。

そこでここでは、この「越権行為」について説明していくことにします。

Meaning-Book
「越権行為」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「越権行為」とは?
  • 「越権行為」の表現の使い方
  • 「越権行為」を使った例文と意味を解釈
  • 「越権行為」の類語や類義語


「越権行為」とは?

「越権行為」とは「権限を越えた行為」のことを指しており、「代理的な立場で行動を起こした時に問題となる行為」となり、法律的には「狭義の無権代理行為」とされています。

いわゆる「代理権の範囲を超えた行為のこと」簡単に言うと、「頼んでもないことを自分の勝手な判断で行う行為」ということになります。

  • 「越権行為」の読み方

「越権行為」の読み方

「越権行為」「えっけんこうい」と読みますので、ここで間違わないように、しっかりとチェックして覚えておきましょう。



「越権行為」の表現の使い方

「越権行為」「頼んでもしないことを自分の勝手な判断で行う行為」という意味になるので物事に直接的な関わりのない人が勝手に介入してきて、あれこれと指図したり判断するような場面で使われることになります。

「越権行為」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「越権行為」を使った例文も見ながら、具体的な活用シーンを見ていくことにしましょう。

  • 「越権行為」を使った例文1
  • 「越権行為」を使った例文2

「越権行為」を使った例文1

「法律上の越権行為を実際にやってしまうと権利濫用とされることがありますが、これが逆に言うと、どのような法律上における権利は有限なものであるということになります」

少し難しい解釈になりますが、法律に基づく権利を主張する時には、その範囲がどこまで及ぶのか、その権利で保障された内容を正しく把握しておくことが必要です。

また、自分で法律をしっかりと理解しておくことで、他人の「越権行為」を判断したり見抜くこともできるようになります。

「越権行為」を使った例文2

「最近、オフィスでもパワハラで訴えられる人が増えていますが、これは越権行為の行き過ぎたものと言えます」

この数年、パワハラが注目されていますが、これは越権行為のレベル・度合いが極度に高いことであると言えます。



「越権行為」の類語や類義語

では、ここで「越権行為」と似たような意味を持つ言葉にどのようなものがあるかを見ていくことにします。

  • 「干渉行為」【かんしょうこうい】
  • 「介入行為」【かいにゅうこうい】

「干渉行為」【かんしょうこうい】

「干渉行為」という言葉が「越権行為」の類義語として挙げることができます。

「干渉」とは「他国の国内問題に介入すること」という意味を持つ言葉ですが、「干渉行為」「他の人の問題に介入すること」というように個人のことについて使うこともできます。

「介入行為」【かいにゅうこうい】

「介入行為」も類義語として扱うこともできますが、「事件・問題などに割り込むこと」という意味を持つ言葉「介入」で、「介入行為」「問題などに勝手に介入していくこと」という意味合いで使われています。

icon まとめ

「越権行為」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉を普段の生活やビジネスの中で実際に使ってみると、その活用バターンの理解をさらに深めていくことができるでしょう。