意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お茶目」の意味とは!類語や概要

「お茶目」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「お茶目」という言葉を使った例文や、「お茶目」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「お茶目」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「お茶目」とは?
  • 「お茶目」を使った例文や短文など
  • 「お茶目」の類語や類義語・言い換え


「お茶目」とは?

「お茶目」という言葉を知っているでしょうか。

「お茶目な人」の顔が頭に浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「お茶目」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「お茶目」という言葉の意味を紹介します。

  • 「お茶目」の読み方
  • 「お茶目」の意味

「お茶目」の読み方

「お茶目」「おちゃめ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「お茶目」「おちゃめ」と読みましょう。

「お茶目」の意味

「お茶目」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「お茶目」には、「子供っぽい、愛嬌なるいたずらをする様子」また、「悪意のないいたずらをする、可愛げのある人」という意味もあります。

例えば、誰でも緊張する場面で、子供のようにはしゃいで見せて、みんなの緊張をほぐしてくれるような人は「お茶目な人」と呼ばれます。

このように「お茶目」という言葉には、「子供っぽい、愛嬌なるいたずらをする様子」また、「悪意のないいたずらをする、可愛げのある人」という意味もあります。



「お茶目」を使った例文や短文など

次に「お茶目」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「お茶目」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「お茶目」を使った例文1
  • 「お茶目」を使った例文2

「お茶目」を使った例文1

「Aさんは『お茶目』で、いつも人を笑わすことしか考えていない」

この例文に登場するAさんは、子供っぽい悪戯が好きな人で、何かにつけて周囲の人を楽しませようとします。

職場では、ふざけていると思われがちですが、不思議な愛嬌があるためみんなに好かれます。

「お茶目」を使った例文2

「『お茶目』なBさんは、誰とでもすぐに親しくなれる」

この例文のBさんのように、人とコミュニケーションを取るのが上手な人がいます。

いつも楽しい雰囲気をまとっているため、誰もが緊張せずに接せられます。

笑顔が素敵な人が多いかもしれません。

「お茶目」の類語や類義語・言い換え

続いて「お茶目」の類語や類似表現を紹介します。

「お茶目」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ひょうきん」
  • 「お調子者」【おちょうしもの】

「ひょうきん」

「ひょうきん」という言葉には、「人柄が気軽で面白い様子」という意味があります。

「彼はひょうきんだね」という時は、その男性の人柄が気軽で面白いという意味になります。

「お調子者」【おちょうしもの】

「お調子者」には、「すぐに調子に乗る人」という意味や、「その場に合わせて、いい加減なことを言う人」という意味があります。

すぐに調子に乗り、軽はずみなことを言う人は、「お調子者」と言えるでしょう。



icon まとめ

「お茶目」という言葉について見てきました。

子供っぽい悪戯をしても、不思議と嫌われない愛嬌の持ち主を見た時に、「お茶目」という言葉を使ってみましょう。