意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お伺いいたします」とは?!解説

ビジネスで「お伺いいたします」という表現はどの様な意味があるのか、正しい使い方なのかについて紹介します。

Meaning-Book
「お伺いいたします」とは?!解説>


目次

  • 「お伺いいたします」とは?
  • 「お伺いいたします」は間違った敬語?


「お伺いいたします」とは?

「お伺いいたします」の概要について紹介します。

  • 「お伺いいたします」の読み方
  • 「行く」「訪ねる」の意味
  • 「聞く」「質問する」の意味

「お伺いいたします」の読み方

「お伺いいたします」「おうかがいいたします」と読みます。

「伺う」という漢字を間違えない様にしましょう。

「行く」「訪ねる」の意味

「お伺いいたします」「伺う」「行く」「訪ねる」という言葉の謙譲語で、「お」を付けることでより丁寧な表現になります。

ビジネスで目上の人やお客様のところへ行く時に使われます。

「聞く」「質問する」の意味

「伺う」には「聞く」「質問する」という言葉の謙譲語の意味もあります。

テレビで会見の中継をしている時に、記者が手を挙げた後「○○様にお伺いします」と述べてから質問をするシーンを見掛けます。



「お伺いいたします」は間違った敬語?

実は「お伺いいたします」という表現は敬語としては間違いです。

「お伺い」「いたします」も謙譲語であり、両方使うと二重敬語になってしまうのです。

「お伺い」の後には丁寧語の「します」を付けて、「お伺いします」と言うのが正しい表現です。

icon まとめ

「お伺いいたします」「行く」「訪ねる」「聞く」「質問する」の謙譲語です。

但し、二重敬語になってしまうので、正しくは「お伺いします」になります。

ビジネスで正しく使える様にしておきましょう。