意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「綾なす」の意味とは!類語や言い換え

「綾なす」とは、「美しい模様や華やかな色で飾ること」を意味する言葉です。

「綾なす」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

綾なす

Meaning-Book
「綾なす」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「綾なす」とは?
  • 「綾なす」の表現の使い方
  • 「綾なす」を使った例文と意味を解釈
  • 「綾なす」の類語や類義語・言い換え


「綾なす」とは?

「綾なす」という表現は、「美しい模様・華やかな色で飾ること」「さまざまな美しい色どりを見せること」を意味しています。

「綾なす」は、「彩なす(あやなす)」という漢字表記がなされることもあります。

「綾なす」の同音異字語に「操す(あやなす)」という言葉があります。

「操す」というのは「巧みに操作すること・上手く物事(他者)を扱うこと」を意味していて、「綾なす」とは全く意味が異なります。

  • 「綾なす」の読み方

「綾なす」の読み方

「綾なす」の読み方は、「あやなす」になります。



「綾なす」の表現の使い方

「綾なす」の表現の使い方は、「着物や自然の景観などが、美しい模様・華やかな色で飾っているように見える場合」に使うという使い方になります。

例えば、「紅葉した秋の山々の綾なす景色は何ともたとえようがないほど美しく、古来より日本人の詩情をとらえてきました」といった文章で使えます。

「綾なす」を使った例文と意味を解釈

「綾なす」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「綾なす」を使った例文1
  • 「綾なす」を使った例文2

「綾なす」を使った例文1

「成人式に参列する成人を迎えたばかりの女性たちは、眩い(まばゆい)ほどに綾なす振り袖の着物を着ていました」

この「綾なす」を使った例文は、「成人式に参列する成人を迎えたばかりの女性たちは、まぶしいほどにさまざまな色合いや模様で美しく飾った振り袖の着物を着ていた」ということを意味しています。

「綾なす」を使った例文2

「赤色や黄色の葉っぱが大量に落ちて、錦のように綾なす湖面の美しさはまるで現世とは思えない幻想の世界みたいでした」

この「綾なす」を使った例文は、「赤色や黄色の葉っぱが大量に落ちて、錦のようにさまざまな美しい色どりを示している湖面の美しさは、まるで現世とは思えない幻想の世界みたいだった」ということを意味しています。



「綾なす」の類語や類義語・言い換え

「綾なす」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「彩る(色どる)・美化」
  • 「装飾・飾り付ける」

「彩る(色どる)・美化」

「綾なす」の類語・言い換えとして、「彩る(色どる)・美化」があります。

「綾なす」という表現は、「華やかな色(さまざまな色)で彩ること」「色々な色味を使って美しくすること」を意味しています。

それらの意味から、「綾なす」という表現は「彩る(色どる)・美化」という表現で言い換えることが可能なのです。

「装飾・飾り付ける」

「綾なす」の類義語・言い換えには、「装飾・飾り付ける」があります。

「綾なす」という言葉は、「さまざまな美しい色で装飾すること、飾り付けること」を意味しています。

その意味合いから、「綾なす」という表現に良く似た類義語(シソーラス)として、「装飾・飾り付ける」を指摘することができるのです。

icon まとめ

「綾なす」という言葉について解説しましたが、「綾なす」には「美しい模様や華やかな色どりで飾ること」などの意味があります。

「綾なす」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「彩る(色どる)・美化」「装飾・飾り付ける」などがあります。

「綾なす」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。