意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やることがない」とは?意味など徹底解説

この「やることがない」という言葉は、若者が多く使う傾向があると言えるかも知れません。

やることがない

Meaning-Book
「やることがない」とは?意味など徹底解説>


目次

  • 「やることがない」とは?
  • 「やることがない、お金もない」とは?
  • 「やることがない」の概要・対策について


「やることがない」とは?

「やることがない」とは、読んだままの意味で、特にこれといって行うべきことがない状態の表現です。

平日は仕事をしていて、休日になるとこのような状態だという人も多いかも知れませんが、日頃から常にこの状態では困ったものです。

冒頭にも書きましたが、まだ社会に出ていない学生などの若者が発することが多い言葉だと言えるでしょう。

本当に行うことがない為に、ついこのようなことを口走ってしまう為です。



「やることがない、お金もない」とは?

この2つは、セットで使われることが多い言葉です。

何かをするには、それなりにお金が掛かるものですが、そのお金もなく、それによって本当は行いたいことがあっても、それができないという意味も込められています。

もちろんですが、お金を掛けずにできることもたくさんあります。

ですが、それらをしようとは思わず、行うのであれば、お金が必要になる(希望する)ことがしたいとも解釈できる表現です。

「やることがない」の概要・対策について

「やることがない」とは言っても、本当に何1つないということもないものです。

例えば、そのような時間に徹底的に部屋の片付けを行ったみたり、読んでいなかった本や録画してまだ見ていない番組の閲覧に使うことができるはずです。

それらさえ特にない(これといって片付けることもない、読む本や観る特に録画もない)となると、それこそジョギングや体操でもするしかないかも知れませんが、無理に行うべきことでもありません。

どうしても「やることがない」のであれば、また同様の状態にならないように、その対策でも考えておくのがいいでしょう。

例えば、学生で特にやることがなく、空いてしまう時間が決まって(曜日や時間帯によって)できるようであれば、その時間にバイトを入れることで、いくらか収入にもなるというものです。



icon まとめ

「やることがない」状態は、苦痛かも知れませんが、そのような時間こそ、何かの為に使うことをこの「やることがない」時間に考えてみてはどうでしょう。