意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嫉心」の意味とは!類語や言い換え

皆さんは「嫉心」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? この言葉に含まれている漢字からして人の心にまつわることを意味しているようなことは、何となくイメージすることはできるでしょう。

しかし、改めてその意味を尋ねられると、説明に苦慮するかもしれません。

そこで今回は、この「嫉心」についてフォーカスしていくことにします。

嫉心

Meaning-Book
「嫉心」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「嫉心」とは?
  • 「嫉心」の表現の使い方
  • 「嫉心」を使った例文と意味を解釈
  • 「嫉心」の類語や類義語・言い換え


「嫉心」とは?

「嫉心」とは「人をねたむ気持ち」「嫉妬の感情」「嫉妬心」というような意味になります。

  • 「嫉心」の読み方

「嫉心」の読み方

「嫉心」の読み方は「しっしん」となりますので、ここで間違わないようにしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「嫉心」の表現の使い方

「嫉心」「人を妬む気持ち」ということを意味していますので、好きな人のことが他の人のことを想っているような時に使われることになります。

「嫉心」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「嫉心」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「嫉心」を使った例文1
  • 「嫉心」を使った例文2

「嫉心」を使った例文1

「嫉心は、真剣交際の邪魔になるだけなので、そのようなことしか思えない男性とはお付き合いすることができません」

このようなタイプの男性から好意を寄せられることは、女性の人にとって、苦痛の何物でもないでしょう。

世の中には「嫉心」の強い人がたくさんいるものですが、あまりにもその気持ちが強すぎて、嫌になってしまうのかもしれません。

「嫉心」を使った例文2

「あなたの嫉心を私にきちんと打ち明けなさい。そうすることで、心の重荷がかるくなってくるはずです」

人の「嫉心」とは、とても心の中に重荷を抱かせることになります。

そのために変なことばかり考えてしまうようになります。

そんなマイナスの感情を吐き出させることで、その人を楽にしてあげることができるかもしれません。

「嫉心」であれば、なおさらのことです。



「嫉心」の類語や類義語・言い換え

「嫉心」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような類義語があるかを見ていくことにします。

  • 「焼きもち」【やきもち】
  • 「嫉妬」【しっと】

「焼きもち」【やきもち】

「焼きもち」「嫉心」の類義語として挙げることができます。

「特に競争相手に対する嫉妬深いねたみの感情」という意味で「相手の気持ちが自分以外の誰かに向いてしまうことを恐れてしまい、相手に対して焦がれるような気持ち」と言えると思います。

「嫉妬」【しっと】

「嫉妬」も類義語てして使うことにことができる言葉です。

「他人が自分より恵まれていたり、優れていることに対して、羨んだり妬むこと」という意味があります。

icon まとめ

「嫉心」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、ご理解頂くことができたでしょうか?

この言葉は、相手のことを強く思うあまり、それが恨みや妬みというマイナスの心理に変わっていくことがあります。

できることなら、そのような負の感情を無くして、素直な心で人に接していきたいものです。