意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残土」とは?!読み方や解説

この「残土」は、建築現場ではつきものと言える廃棄物です。

残土

Meaning-Book
「残土」とは?!読み方や解説>


目次

  • 「残土」とは?
  • 「残土」の概要


「残土」とは?

「残土」とは、正確には「建設発生土」と呼びます。

地面を掘り返した際に出る土のうち、建築には不要な文字通り、「残った土」のことです。

そのまま現場に残しておく訳にはいかないので、建築が進むに連れ、どこかに廃棄しなければいけません。

もちろん建築業者もそこまで考えた上で計画を立てていますが、残土に関しては別の業者に引き取ってもらうことも多いです。

  • 「残土」の読み方

「残土」の読み方

「残土」は、「ざんど」と読みます。

正式名称の「建設発生土」は、「けんせつはっせいど」です。

廃棄物と書きましたが、廃棄物処理法で定められているそれではない為、特別な処分方法がある訳ではありません。



「残土」の概要

「残土」の廃棄には、専用の処理場を利用するのが一般的です。

ここで、含まれている砂利などを取り除き、その多くは土として再利用されます。

再利用されない残土は、埋め立てて処分されますが、それには都道府県知事や市町村長の許可が必要になり、勝手に行う訳にもいきません。

いわゆる不法投棄と呼ばれる行為の対象は、動かなくなった車や冷蔵庫などの大型の廃棄物が有名ですが、この残土もそのように扱われてしまうことが少なくありません。

そのようなことのないように、処分にはきちんとした業者への依頼が必要です。

icon まとめ

「残土」の処分は、建築現場で真っ先に考えないといけない問題です。

これが残っていると、そのスペースも必要になってしまい、まともに建築が進まないこともあるからです。