意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仰ぎ見る」の意味とは!類語や言い換え

「仰ぎ見る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「仰ぎ見る」という言葉を使った例文や、「仰ぎ見る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「仰ぎ見る」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「仰ぎ見る」とは?
  • 「仰ぎ見る」を使った例文や短文など
  • 「仰ぎ見る」の類語や類義語・言い換え


「仰ぎ見る」とは?

「仰ぎ見る」という言葉を知っているでしょうか。

「月を仰ぎ見た」という経験があるかもしれません。

一方で、「仰ぎ見る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「仰ぎ見る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「仰ぎ見る」の読み方
  • 「仰ぎ見る」の意味

「仰ぎ見る」の読み方

「仰ぎ見る」「あおぎみる」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「仰ぎ見る」「あおぎみる」と読みましょう。

「仰ぎ見る」の意味

「仰ぎ見る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「仰ぎ見る」には、「上の方向に目を向けて見る」という意味があります。

また「見上げる」という意味もあります。

「月を仰ぎ見た」という時は、上空に浮かぶ月に目を向けて見たという意味になります。

このように、「仰ぎ見る」という言葉には、「上方に目を向けて見る」という意味があります。



「仰ぎ見る」を使った例文や短文など

次に「仰ぎ見る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「仰ぎ見る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「仰ぎ見る」を使った例文1
  • 「仰ぎ見る」を使った例文2

「仰ぎ見る」を使った例文1

「スカイツリーのてっぺんを『仰ぎ見る』」

この例文は日本一高い電波塔、スカイツリーの頂上部分を地上から見上げている場面になります。

とても高いスカイツリーを「仰ぎ見る」と、首が疲れてしまうほど、上方を見上げる必要があります。

「仰ぎ見る」を使った例文2

「会社の先輩を、師匠として『仰ぎ見る』」

この例文には、会社の先輩を、師匠のように上の存在として見るという意味があります。

このように、自分よりも高いレベルの人として、見上げる時、「仰ぎ見る」という言葉を使うことがあります。

「仰ぎ見る」の類語や類義語・言い換え

続いて「仰ぎ見る」の類語や類似表現を紹介します。

「仰ぎ見る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「敬う」【うやまう】
  • 「見上げる」【みあげる】

「敬う」【うやまう】

「敬う」という言葉には、「相手を尊んで礼を尽くす」「尊敬する」という意味があります。

「高齢者を敬う」「神仏を敬う」などという使い方をします。

「見上げる」【みあげる】

「見上げる」には「下から上の方向を見る」という意味があります。

「空を見上げる」という時は、地上から空を見るという意味があります。

また「見上げるばかりの大男」という時は、背の高い人を下から見るという意味があります。



icon まとめ

「仰ぎ見る」という言葉について見てきました。

上方に目を向けて見る時、見上げる時に、「仰ぎ見る」という言葉を使ってみましょう。