意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事務を執る」の意味とは!類語や言い換え

「事務を執る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「事務を執る」という言葉の理解を深めていきましょう。

事務を執る

Meaning-Book
「事務を執る」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「事務を執る」とは?
  • 「事務を執る」の表現の使い方
  • 「事務を執る」を使った例文と意味を解釈
  • 「事務を執る」の類語や類義語・言い換え


「事務を執る」とは?

「事務を執る」とは書類の作成など主に机の上で取り扱う仕事を、処理したり、仕事を進めることを言います。

  • 「事務を執る」の読み方

「事務を執る」の読み方

「事務を執る」と書いて「じむをとる」と読みます。



「事務を執る」の表現の使い方

「事務を執る」とは事務仕事を処理したり、自分で仕事を進めていく時に使う言葉です。

日常的な会話では「事務を執る」と言うよりは「仕事をする」と表現する方が多いでしょう。

どちらかと言えば文章表現で使う言い方になります。

「事務を執る」を使った例文と意味を解釈

それでは「事務を執る」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「事務を執る」を使った例文1
  • 「事務を執る」を使った例文2

「事務を執る」を使った例文1

「父は、会社で事務を執っている」

人に、どういう仕事をしているかと説明する時に、社名を伝えただけではわかりにくい場合は「営業」「事務」「広報」などと言ったりします。

「事務を執る」で、事務処理を行う業務をしているということがわかります。

「事務を執る」を使った例文2

「彼は現場仕事じゃなくて、事務を執る人だから、事務所にいるよ」

「事務を執る人」とは「事務員」という意味と同じです。

しかし、事務所にいる人は事務員ばかりではありません。

例えば、社長、部長、秘書といった人と仕事内容の区別をつける意味でも「事務を執っている」といった言い方をします。



「事務を執る」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで「事務を執る」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「事務作業を行う」【じむさぎょうをおこなう】
  • 「事務処理をする」【じむしょりをする】
  • 「事務方」【じむかた】

「事務作業を行う」【じむさぎょうをおこなう】

「事務を執る」と同じ意味としては「事務作業を行う」という言い方になります。

「彼は事務作業を行う係です」「私は昨日から一人で事務作業を行っている」という風に使います。

「事務処理をする」【じむしょりをする】

「事務を執る」とは「事務処理をする」ということです。

「私が事務を執る」「私が事務処理をする」は同じ意味です。

「社長自ら事務処理をすると言い出した」「事務処理をするのは実は面倒くさい」などと使います。

「事務方」【じむかた】

「事務方」とは組織の運営の中において、方針の決定など経営的なことをする側に対して、事務作業といった実務側の仕事をする人のことを言う言葉です。

「事務方に任せてあるので、私にはわからない」「この処理は事務方の仕事だろう」「私は事務方ですから、経営のことを聞かれてもわかりませんよ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「事務を執る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「事務を執る」とは事務処理をする、事務の仕事を進めるといった意味になります。

それでは言葉の意味をしっかり理解して使っていきましょう。