意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悔い改めさせる」の意味とは!類語や言い換え

小説を読んでいて「悔い改めさせる」という言葉をみかけることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

悔い改めさせる

Meaning-Book
「悔い改めさせる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「悔い改めさせる」とは?
  • 「悔い改めさせる」の表現の使い方
  • 「悔い改めさせる」を使った例文と意味を解釈
  • 「悔い改めさせる」の類語や類義語・言い換え


「悔い改めさせる」とは?

「悔い改めさせる」の概要について紹介します。

  • 「悔い改めさせる」の読み方
  • 「悔い改めさせる」の意味
  • 「悔い改める」と「後悔」の違い

「悔い改めさせる」の読み方

「悔い改めさせる」「くいあらためさせる」と読みます。

読み方は難しくないのですが、「悔」「侮」と書き間違わない様にしましょう。

「悔い改めさせる」の意味

「悔い改めさせる」の意味は「過去の過ちを反省して心を入れ替えさせること」です。

誰かが悪い行いをしているのを知った場合、相手のことを考えれば更生させたいと思うものです。

相手に自分のしたことは悪いことだったと自覚させて、これからはもうその様なことはしないと決心させることを「悔い改めさせる」と言うのです。

「悔い改める」と「後悔」の違い

「悔い改める」と似た意味の言葉に「後悔」があります。

「悔い改める」「自分が悪いということを認めて反省し、改心すること」という意味です。

これから新しくやり直す気持ちが含まれています。

「後悔」「過去の行いの失敗を悔やむ気持ち」です。

反省する気持ちはあっても、だからと言って自分を改める気持ちはありません。

2つの言葉の違いは「反省した後の考え方の変化があるかどうか」という点です。



「悔い改めさせる」の表現の使い方

「悔い改めさせる」は、使役の動詞「させる」が含まれているので、人に対して働きかける時に使われます。

ほんの少しの失敗ではなく、人に迷惑をかける様な過ちや犯罪を犯した人に対して使われる言葉です。

「悔い改める」はキリスト教の教えとして使われることが多く、「自分の過ちを認めて神の教えを乞うことで救われる」という概念に基づいています。

「悔い改めさせる」を使った例文と意味を解釈

「悔い改めさせる」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「悔い改めさせる」を使った例文1
  • 「悔い改めさせる」を使った例文2

「悔い改めさせる」を使った例文1

「彼を見ている限り悔い改めさせるのは無理ではないかと思う」

数々の犯罪に手を染めてしまい、刑務所に収監されている人がいるのですが、一向に反省している様子はなく、改心させるのは難しいのではと思われています。

「悔い改めさせる」を使った例文2

「どんなに悔い改めさせても周囲の偏見がついて回る」

一度犯罪を犯してしまった人は、更生プログラムでどんなに悔い改めさせても、世間の偏見が付いて回るので社会復帰が難しいことを表しています。



「悔い改めさせる」の類語や類義語・言い換え

「悔い改めさせる」の類語を紹介します。

  • 「心を入れ替える」
  • 「生まれ変わる」

「心を入れ替える」

「悪い心を良い心と交換する様に、今迄の悪い行いをやめること」という意味です。

「生まれ変わる」

「全く別の人間になった様に新たな気持ちで始めること」という意味です。

icon まとめ

「悔い改めさせる」「過去の過ちを反省して心を入れ替えさせること」という意味です。

大きな過ちをしてしまった人を更生させる時に使ってみましょう。