意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理に適わない」の意味とは!類語や言い換え

「理に適わない」とは、「物事の正しい筋道・道理に合っていないこと」を意味する言葉です。

「理に適わない」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

理に適わない

Meaning-Book
「理に適わない」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「理に適わない」とは?
  • 「理に適わない」の表現の使い方
  • 「理に適わない」を使った例文と意味を解釈
  • 「理に適わない」の類語や類義語・言い換え


「理に適わない」とは?

「理に適わない」という表現は、「物事の正しい道理(筋の通った考え方)に適合していないこと」を意味しています。

「理に適わない」というのは、「理屈の筋道が通っておらず矛盾していて納得できないさま」「第三者にも通用する道理・筋道から外れていて不合理(論理がデタラメ)であること」を意味する表現なのです。

  • 「理に適わない」の読み方

「理に適わない」の読み方

「理に適わない」の読み方は、「りにかなわない」になります。



「理に適わない」の表現の使い方

「理に適わない」の表現の使い方は、「発言や行動が、物事の正しい筋道・道理に合っていない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「理に適わないやり方を無理に続けても、良い成果を得ることはできないでしょう」といった文章で使うことができます。

「理に適わない」を使った例文と意味を解釈

「理に適わない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「理に適わない」を使った例文1
  • 「理に適わない」を使った例文2

「理に適わない」を使った例文1

「彼女は理に適わない主張を何度も繰り返していましたが、その主張では会議に参加している他のメンバーを説得することはできませんでした」

この例文は、「彼女は道理・筋道に適合していない矛盾した主張を何度も繰り返したが、その主張では会議に参加している他のメンバーを説得することはできなかった」ということを意味しています。

「理に適わない」を使った例文2

「私は意地になって理に適わない方法を続けてしまいましたが、実は少し前から自分の不合理なやり方では問題を解決できないと分かっていたのです」

この例文は、「私は意地になって道理に従う理屈に合わない方法を続けてしまったが、実は少し前から自分の不合理なやり方では問題を解決できないと分かっていた」ということを意味しています。



「理に適わない」の類語や類義語・言い換え

「理に適わない」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「道理から外れている・矛盾している」
  • 「理屈に合わない・筋道が通らない」

「道理から外れている・矛盾している」

「理に適わない」の類義語・言い換えとして、「道理から外れている・矛盾している」があります。

「理に適わない」の表現は、「物事の正しい道理や道筋から外れていること」「言動が不合理で矛盾していること」を意味しています。

その意味合いから、「理に適わない」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「道理から外れている・矛盾している」を指摘できます。

「理屈に合わない・筋道が通らない」

「理に適わない」の類語・言い換えには、「理屈に合わない・筋道が通らない」があります。

「理に適わない」という表現は、「理屈に合っておらず、物事の正しい筋道が通っていないさま」を意味しています。

その意味から、「理に適わない」の表現は、「理屈に合わない・筋道が通らない」という表現に言い換えられます。

icon まとめ

「理に適わない」という言葉について解説しましたが、「理に適わない」には「物事の正しい筋道・道理に合っていないこと」などの意味があります。

「理に適わない」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「道理から外れている・矛盾している」「理屈に合わない・筋道が通らない」などがあります。

「理に適わない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。