意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「新た」の意味とは!類語や言い換え

「新た」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「新た」という言葉を使った例文や、「新た」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「新た」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「新た」とは?
  • 「新た」を使った例文や短文など
  • 「新た」の類語や類義語・言い換え


「新た」とは?

「新た」という言葉を知っているでしょうか。

「新たに何かを始めよう」と考えている人もいるでしょう。

一方で、「新た」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「新た」という言葉の意味を紹介します。

  • 「新た」の読み方
  • 「新た」の意味

「新た」の読み方

「新た」「あらた」と読みます。

「しんた」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「新た」「あらた」と読みましょう。

「新た」の意味

「新た」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「新た」には、「新しい様子」「今までなかった様子」という意味があります。

「新たな局面を迎える」という場合は、「新しい局面を迎える」「今までなかったような局面を迎える」という意味があります。

「新たに何かを始めよう」という場合は、「新しく何かを始める」「今までしてこなかったことを始める」という意味があります。

このように、「新た」という言葉には、「新しい様子」「今までなかった様子」という意味があります。



「新た」を使った例文や短文など

次に「新た」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「新た」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「新た」を使った例文1
  • 「新た」を使った例文2

「新た」を使った例文1

「2年ぶりの映画の続編が、『新たな』感動を呼んだ」

この例文は、映画の続編にも関わらず、観客に新しい感動を生んだという意味があります。

続編は、旧作をなぞっただけの作品になりがちですが、この映画のように、まるで新しい作品のように、感動を生むこともあります。

「新た」を使った例文2

「転職先で、『新た』な一歩を踏み出す」

この例文は、転職した先で、新しい人生を始めるという意味があります。

このように、これまでと違う場所で、新生活を始めるような時、「新たな一歩」という言葉を使います。

「新た」の類語や類義語・言い換え

続いて「新た」の類語や類似表現を紹介します。

「新た」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「まっさら」
  • 「白紙」【はくし】

「まっさら」

「まっさら」という言葉には、「全く新しいこと」という意味があります。

「まっさらな一ページ」という言葉には、全く新しいページを開くという意味があります。

「まっさらな気持ち」「まっさらな時間」などという使い方をします。

「白紙」【はくし】

「白紙」という言葉には、「色の白い紙」「何も記載がない紙」という意味があります。

また「議論や計画が始まっていない状態」という意味もあります。

「白紙に戻す」という時は、議論や計画が始まっていない状態に戻すという意味があります。



icon まとめ

「新た」という言葉について見てきました。

新しい様子を見た時、今までなかった様子を見た時に、「新た」という言葉を使ってみましょう。