意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自然の理に従う」の意味とは!類語や言い換え

文章を読んでいて「自然の理に従う」という言葉を見掛けることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

自然の理に従う

Meaning-Book
「自然の理に従う」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「自然の理に従う」とは?
  • 「自然の理に従う」の表現の使い方
  • 「自然の理に従う」を使った例文と意味を解釈
  • 「自然の理に従う」の類語や類義語・言い換え


「自然の理に従う」とは?

「自然の理に従う」の概要について紹介します。

  • 「自然の理に従う」の読み方
  • 「自然の理に従う」の意味
  • 「自然の理」と「自然の摂理」は同じ意味?

「自然の理に従う」の読み方

「自然の理に従う」には幾つかの読み方があります。

一般的には「しぜんのことわり」で、中には「しぜんのり」と読むこともあります。

また、仏教では「じねんのことわり」と読みます。

相手が何を言いたいのかを理解すれば、使分けが出来る様になります。

「自然の理に従う」の意味

「自然の理に従う」の意味は、「自然界の法則に任せて行動すること」です。

自然界には「晴れの日もあれば雨の日もある」「健康な時もあれば病気の時もある」など、人の力ではどうにもし難い現象があります。

この時に無理に科学の力や医学的な対処法などに頼らずに、自然に任せるがままに行動することを言います。

「自然の理」と「自然の摂理」は同じ意味?

「自然の理」と似た言葉に「自然の摂理」があります。

「理」「もっともなこと」という意味で「道理」を表します。

「摂理」とは、「自然界を支配している法則」という意味です。

「自然の理」は正式には「天地自然の理」と言い「自然の摂理」と同じ意味で使われています。

使分けとしては「そのものごとの理屈や道理がメインの時には理」で、「その様になっている様子を表す時には摂理」と思えば良いでしょう。



「自然の理に従う」の表現の使い方

「自然の理に従う」は、ものごとに対して無理をしない、させない時に使われます。

「何かが起きたらこうするのが自然だと思われること」をする時の表現です。

例えば「雨が降ったら傘を差す」「熱が出たら身体を休める」など、自然界で生きていく上でごく当たり前のことに対して使われるのです。

「自然の理に従う」を使った例文と意味を解釈

「自然の理に従う」を使った例文と意味を解釈します。

  • 「自然の理に従う」を使った例文1
  • 「自然の理に従う」を使った例文2

「自然の理に従う」を使った例文1

「疲れたと感じたら有休をとるのは自然の理に従っている行為だ」

仕事で疲れが溜まっていると感じたら、有給を取ってリフレッシュするのは当然である、という考え方です。

「自然の理に従う」を使った例文2

「美人と出会ったら口説きたくなるのは自然の理に従っていると言える」

キレイな女性と知り合ったら、口説きたくなるのは男性としての本能だと言っています。



「自然の理に従う」の類語や類義語・言い換え

「自然の理に従う」の類語を紹介します。

  • 「なすがままに」
  • 「運命に任せる」

「なすがままに」

「自然の流れに身を任せていく様子」のことです。

そのものがしたい様に、なっていく様に任せておく時の表現です。

「運命に任せる」

「自分に定められためぐり合わせをそのまま受け入れる」という意味です。

icon まとめ

「自然の理に従う」の意味は、「自然界の法則に任せて行動すること」という意味です。

人生観などを語る時に使ってみましょう。