意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見習い」とは?意味や使い方!例文や解釈

「見習い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見習い」という言葉を使った例文や、「見習い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見習い」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「見習い」とは?
  • 「見習い」の英語と解釈
  • 「見習い」の表現の使い方
  • 「見習い」を使った例文や短文など
  • 「見習い」の類語や類義語・言い換え


「見習い」とは?

「見習い」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、「見習い期間」を体験した人もいるでしょう。

一方で、「見習い」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「見習い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「見習い」の読み方
  • 「見習い」の意味

「見習い」の読み方

「見習い」「みならい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「見習い」「みならい」と読みましょう。

「見習い」の意味

「見習い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「見習い」には、「まだ一人前の仕事ができないで、指導を受けること」という意味があります。

またそのような指導を受けている人は、「見習い」と呼ばれます。

例えばバイトを始めたばかりの人は、まだ仕事がきちんとできないでしょう。

そのため店員さんから指導を受けながら、仕事をすることになります。

スーパーのレジ係をしている人が、「見習い」という札を付けて、店員さんと一緒に仕事をしている場面がありますが、まさに「見習い」という言葉通りの姿と言えるでしょう。

このように、「見習い」という言葉には、「まだ一人前の仕事ができないで、指導を受けること」という意味があります。



「見習い」の英語と解釈

「見習い」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「見習い」は英語で、“apprenticeship”になります。

“apprenticeship”には「見習い」「奉公」という意味があります。

また「見習い」は、“learner”という英語でも表現できます。

“learner”には、「学習者」「見習い」という意味があるためです。

このように「見習い」という言葉を英語にしたい時は、“apprenticeship”“learner”といった英語を使ってみましょう。

「見習い」の表現の使い方

「見習い」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「見習い」には、まだ一人前の仕事ができないで指導を受けることという意味があります。

職場やバイト先などに、そのような人がいた時、「見習い」という言葉を使ってみましょう。

バイトの「見習い」や、職場のお試し期間中の人などは「見習い期間」と呼ばれます。

一応、採用したものの、まだ一人で仕事ができないような人に対して、「見習い」という言葉を使ってみましょう。



「見習い」を使った例文や短文など

「見習い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「見習い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「見習い」を使った例文1
  • 「見習い」を使った例文2

「見習い」を使った例文1

「バイトを始めたが、まだ『見習い』期間のため、あまり役に立てていない」

この例文のように、バイトを始めたばかりの頃は、仕事の段取りが分からず、ほとんど仕事にならないでしょう。

そのため「見習い」という立場として、先輩バイト社員から指導を受けることになります。

「見習い」として働く時は、周囲の人に迷惑をかけることになるかもしれませんが、一人前になれば様々な人を助けられるようになるでしょう。

「見習い」を使った例文2

「就職する前に、『見習い』期間を設けてもらい、正式に入社するかを決める」

この例文のように、「見習い」という立場は、雇い主が雇用者の能力や適性をジャッジするための期間でもあり、応募者が会社に入社するかを判断するチャンスでもあります。

一度、入社してから、「やはり自分には合わない」と言って退社すると、会社に迷惑がかかりますし、キャリアに傷が付くかもしれません。

そのため「見習い」として仮に入社して、自分の能力を活かせる会社か、働いて見たい人間関係かを確かめる必要があるでしょう。

ずっと働きたいと思ったら正式に入社し、「見習い」を卒業することになります。

「見習い」の類語や類義語・言い換え

「見習い」の類語や類似表現を紹介します。

「見習い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「学習」【がくしゅう】
  • 「自習」【じしゅう】
  • 「予習」【よしゅう】
  • 「復習」【ふくしゅう】
  • 「補習」【ほしゅう】
  • 「実習」【じっしゅう】

「学習」【がくしゅう】

「学習」という言葉には、「真似をしたり見習ったりしながら、後天的に知識や技能を身に着けること」という意味があります。

例えば「英語を学習する」という時は、英語が話せない人が、英語を話せる人を真似したり見習ったりしながら、英語の知識や技能を身に着けているという意味になります。

「自習」【じしゅう】

「自習」という言葉には、「自分の力だけで学習すること」という意味があります。

学校には「自習時間」があり、先生の指導を受けずに自分の力だけで学習したのではないでしょうか。

また自分の力だけで学習するための部屋を「自習室」と呼びます。

「予習」【よしゅう】

「予習」という言葉には、「自分であらかじめ前もって学習すること」という意味があります。

「明日の授業を予習する」という時は、明日の授業に備えて、あらかじめ前もって学習することという意味があります。

「復習」【ふくしゅう】

「復習」という言葉には、「学んだことを自分で繰り返して習うこと」という意味があります。

例えば学校で学んだことを、家に帰ってきてからもう一度おさらいする時、「家で復習する」と表現できます。

「補習」【ほしゅう】

「補習」には、「正式の授業の補いとして、学ぶこと」という意味があります。

例えばテストで合格点を取れなかった生徒が、次のテストを受けるために、放課後に集められて授業を受け直すことがあります。

このような授業を「補習」と呼びます。

また進学校では、授業では扱いきれなかった問題などを、放課後の特別授業で習うことがあります。

このような時も「補習」を受けると表現します。

「実習」【じっしゅう】

「実習」という言葉には、「実地について学び習うこと」という意味があります。

座学ではなく、その場に行ってこそ学べることがある時、「実習」をします。

icon まとめ

「見習い」という言葉について見てきました。

まだ一人前の仕事ができないため、指導を受けている人を見た時、またそのような人を呼びたい時に、「見習い」という言葉を使ってみましょう。