意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「長年変化」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「長年変化」は、物や現象の移り変わりについて使われる言葉です。

Meaning-Book
「長年変化」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「長年変化」とは?
  • 「長年変化」の英語と解釈
  • 「長年変化」の表現の使い方
  • 「長年変化」を使った例文と意味を解釈
  • 「長年変化」の類語や類義語・言い換え


「長年変化」とは?

「長年変化」とは、長い時間の流れによって、その様子が変わることを指す言葉です。

先のように、物体であったり、現象に対しても使える言葉となっています。

「長年変化だと思うが、最近塗装の剥げが目立ってきた」などと用いる言葉で、この場合は年月の経過によって、序々に塗装が痛んできたと使っています。

このように、時間の経過と共に何かが悪くなるという場合だけでなく、それが(ほとんど)ない、またはいい方向に向かっているとも使える言葉です。

  • 「長年変化」の読み方

「長年変化」の読み方

「長年変化」は、「ちょうねんへんか」と読む言葉です。

時間と共にゆっくりと変化するという意味の言葉になるので、短期間に急激な変化を遂げたような場合には使えません。

読み方では、「長年」「ながねん」と読まないように注意する程度で、「この製品は、長年変化が全く感じられない」などと、いい意味で使うことも多い言葉です。



「長年変化」の英語と解釈

「長年変化」は、英語では“changes over the years”と表現します。

「長年にわたる変化」という意味になり、これがある、ないといったように日本語同様に使えます。

“Tatami will inevitably changes over the years.”と使うと、「畳はどうしても長年変化する物だ」となります。

尚、「畳」は英語でも「tatami」とそのまま表現されます。

「長年変化」の表現の使い方

「長年変化」を物にではなく、現象に対して使う場合、「保守派と呼ばれる人たちは、長年変化さえ好まないことが多い」のような使い方になります。

こういった使い方も多い言葉で、何かがゆっくりと変化することに対して広い使い方ができる言葉です。



「長年変化」を使った例文と意味を解釈

「長年変化」を使った例文と、その意味の解釈です。

これがよいことか悪いことなのかは、使う対象如何です。

  • 「長年変化」を使った例文1
  • 「長年変化」を使った例文2

「長年変化」を使った例文1

「樹木の長年変化は気付きにくいが、確実に起こっている」

樹木と呼ばれる大きな木は、数年程度ではあまり変化しているように見えませんが、植物である以上、確実に長年変化が起こっています。

例えば、毎年変わらずに見える桜の木も、50~60年程度で寿命を迎えると言われており、一番有名なソメイヨシノ種が、どれもそろそろその時期になっていると言われています。

「長年変化」を使った例文2

「長年変化のない、完成されたデザインだと言える」

会社や商品などのロゴマークは、何年かに一度は見直して、新たにデザインし直すことが少なくありません。

それを行わずにずっと使い続けられているものは、最初から完成されているデザインだと表現していいかも知れません。

「長年変化」の類語や類義語・言い換え

「長年変化」と似た意味で使える言葉や表現です。

ほとんど同じ意味の言葉もあります。

  • 「永年変化」【えいねんへんか】
  • 「経年変化」【けいねんへんか】

「永年変化」【えいねんへんか】

基本的には「長年変化」と同じ意味ですが、もっと長い年数に使うことが多い表現です。

期間にして数十年から、場合によっては数千年といった歴史に対しても使われる言葉です。

「経年変化」【けいねんへんか】

こちらも「長年変化」と同様の意味ながら、短い期間に向いている言葉で、2~3年程度での変化に使っても構いません。

数年で起こった車や外壁の塗装などには、この言葉を使うのが向いています。

icon まとめ

「長年変化」は、無理に起こすものではなく、自然に、または必要に応じて、長い年月を掛けて起こっていくものです。