意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「討究」とは?意味や使い方!例文や解釈

「討究」とは、「物事の真理・本質・道理などを深く研究すること」を意味する言葉です。

「討究」「意味・読み方・使い方・討究を使った言葉・例文と解釈・討究と研究の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

討究

Meaning-Book
「討究」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「討究」とは?
  • 「討究」の表現の使い方
  • 「討究」を使った言葉と意味を解釈
  • 「討究」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「討究」と「研究」の意味の違い
  • 「討究」の類語や類義語・言い換え
  • 「討究」の英語と解釈


「討究」とは?

「討究」という表現は、「物事の真理・本質・道理などを深く研究すること」を意味しています。

「討究」というのは、「物事(研究対象)の真理・本質などを深く尋ねて究めること」を意味する表現なのです。

  • 「討究」の読み方

「討究」の読み方

「討究」の読み方は、「とうきゅう」になります。



「討究」の表現の使い方

「討究」の表現の使い方は、「物事の真理・本質・道理などを深く研究する場合」に使うという使い方になります。

「討究」という表現は、「対象となるものの真理・本質などを深く尋ねて究めたり明らかにしたりする時」に使用することができます。

例えば、「妥協せずにこの科学的・倫理的な問題の本質を討究していきたいと考えています」といった文章で使えます。

「討究」を使った言葉と意味を解釈

「討究」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「討究する」【とうきゅうする】
  • 「討究の必要性」【とうきゅうのひつようせい】
  • 「真理の討究」【しんりのとうきゅう】

「討究する」【とうきゅうする】

「討究する」という表現は、「物事の真理や本質を尋ねて、究めたり明らかにしたりすること」を意味しています。

例えば、「研究対象をライフワークのように討究し続ける生き方が、研究者としては理想なのです」といった文章で使用できます。

「討究の必要性」【とうきゅうのひつようせい】

「討究の必要性」という言葉は、「その物事の真理・道理を尋ねて明らかにする必要があること」を意味しています。

例えば、「討究の必要性があると考えているテーマがありましたら、挙手をしてそのテーマについて意見を述べてください」といった文章で使われます。

「真理の討究」【しんりのとうきゅう】

「真理の討究」という表現は、「物事の本当の筋道・道理を尋ねて研究して明らかにすること」を意味しています。

例えば、「科学主義が全盛の現代社会では真理の討究という問題意識が薄れていますが、人間が生きる意味を実感するためには真理の討究がやはり必要なのです」といった文章で使えます。



「討究」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「討究」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「討究」を使った例文1
  • 「討究」を使った例文2

「討究」を使った例文1

「その天才数学者は、数学の未解決の証明問題を討究することに人生の情熱と時間の大部分を注ぎ込みました」

この「討究」を使った例文は、「その天才数学者は、数学の未解決の証明問題を深くたずねて究めて明らかにすることに人生の情熱と時間の大部分を注ぎ込んだ」ということを意味しています。

「討究」を使った例文2

「学問にせよ人生哲学にせよ実生活(人間関係)にせよ、討究すべき課題のある人生は充実したものになりやすいのです」

この「討究」を使った例文は、「学問にせよ人生哲学にせよ実生活(人間関係)にせよ、本質や道理を深く研究すべき課題のある人生は充実したものになりやすい」ということを意味しています。

「討究」と「研究」の意味の違い

「研究(けんきゅう)」という言葉は、「観察・実験・調査・文献読解などさまざまな手段を駆使して物事の事実や本質を突き詰めて明らかにしようとすること」を意味しています。

「討究(とうきゅう)」という表現は、「物事の真理・本質・道理などを深く尋ねて研究すること」を意味しています。

その意味から、「討究」「研究」にはほとんど意味の違いはありません。

一方で、「討究」「物事の真理を明らかにするための深いレベルの研究」を意味していて、「研究の言葉をレベルの深さで修飾した概念」になっています。

「討究」の類語や類義語・言い換え

「討究」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「研究・調査」
  • 「吟味・分析」
  • 「探究・究明」

「研究・調査」

「討究」の類義語・言い換えとして、「研究・調査」があります。

「研究」という表現は、「物事の事実や本質を明らかにしようとする学術的・知的な活動の総称」を意味しています。

「調査」という言葉は、「ある物事の事実や傾向を明らかにするために個人・集団を体系的・科学的な方法で調べること」を意味しています。

それらの意味から、物事の真理や本質を深く研究するを示す「討究」と良く似た意味を持つ類義語として、「研究・調査」を指摘できます。

「吟味・分析」

「討究」の類語・言い換えには、「吟味・分析」があります。

「吟味」という表現は、「物事の真偽・是非をしっかりと調べること」を意味しています。

「分析」という言葉は、「物事の全体を部分に分けて詳しく調べること」を意味しています。

それらの意味から、物事の事実・本質をたずねて明らかにすることを意味する「討究」は、「吟味・分析」という表現で言い換えられるのです。

「探究・究明」

「討究」の類義語・言い換えとして、「探究・究明」があります。

「探究」という表現は、「物事の本質や道理を探し求めて究めようとすること」を意味しています。

「究明」という言葉は、「対象の道理や真理を突き詰めて明らかにすること」を意味しています。

それらの意味から、物事の真理を尋ねて究めることを意味する「討究」と良く似た意味を持つ類義語として、「探究・究明」の表現を上げられます。

「討究」の英語と解釈

討究 meaning in english

「討究」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“research, do research”(研究・調査・考察、研究する)

“study, make a study”(研究・調査・勉強、研究する)

“investigation, investigate”(調査・取り調べ・研究、調査する・研究する)

  • “I'm studying(investigating) life science to cure intractable diseases.”

“I'm studying(investigating) life science to cure intractable diseases.”

「討究」を使ったこの英語の例文は、「私は難病を治療するために、生命科学を討究しています」ということを意味しています。

icon まとめ

「討究」という言葉について徹底的に解説しましたが、「討究」には「物事の真理・本質・道理などを深く研究すること」などの意味があります。

「討究」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「研究・調査」「吟味・分析」「探究・究明」などがあります。

「討究」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。