意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「読経」とは?!解説

「読経」という言葉について紹介します。

また「読経」の概要を紹介して行きます。

読経

Meaning-Book
「読経」とは?!解説>


目次

  • 「読経」とは?
  • 「読経」の読み方
  • 「読経」の概要


「読経」とは?

「読経」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「読経」には、「お経を読むこと」という意味があります。

日本には仏教を信仰している人がたくさんいますが、仏教徒がお経を読む時、また僧侶が経典を読む時の様子を「読経」と言います。

このように「読経」には「お経を読むこと」という意味があります。



「読経」の読み方

「読経」「どっきょう」「どきょう」「どくきょう」などという読み方があります。

どの読み方をしても間違いではないため、「どっきょう」「どきょう」などと読むようにしましょう。

「読経」の概要

「読経」には、僧侶が通夜や告別式などで、祈祷を目的に経典を読む場合があります。

また僧侶が、布教のために経典を読むこともあります。

また仏教徒が、日常生活に置いて心を充実させるため、より経典の意味を理解するためなどの理由で、お経を唱えるケースも含まれます。

みなさんの中にも仏教を信仰している方がいて、「読経」するのが毎日の習慣になっているという人もいるかもしれません。



icon まとめ

「読経」という言葉について見てきました。

僧侶がお葬式などでお経を唱えている時、また日常的に仏教徒が経典を読む様子を見た時などに、「読経」という言葉を使ってみましょう。