意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「贈物」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「贈物」という言葉は、誰もが知っている言葉だと思いますが、この言葉を耳にすると、何故か心がワクワクと楽しくなったり、うれしくなるものです。

しかし、あまりにも身近な言葉だけにじっくりと意味や使い方を振り返って見ることはほとんどないかと思いますので、ここで改めて「贈物」について、触れていくことにします。

贈物

Meaning-Book
「贈物」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「贈物」とは?
  • 「贈物」の英語と解釈
  • 「贈物」の表現の使い方
  • 「贈物」を使った例文と意味を解釈
  • 「贈物」の類語や類義語・言い換え


「贈物」とは?

「贈物」とは、「友人や知人、あるいは取引先などの他人にお祝いなどで贈るもののこと」を意味する言葉です。

より身近な表現としては「プレゼント」という言い方もしますし、「贈り物」とも書く場合もあります。

  • 「贈物」の読み方

「贈物」の読み方

「贈物」「おくりもの」と読みますが、いつでも聞くことがある言葉なので、読み方で迷うことは少ないと思います。

ここで今一度チェックしておくことにしておきしょう。



「贈物」の英語と解釈

贈物 meaning in english

「贈物」を英語で表現すると、“gift”“present”で訳すことができます。

日本語にすると、「ギフト」「プレゼント」というカタカナ語になるのですが、ご進物用としての「贈物」だと、“gift”のイメージが強いものの、普通の贈り物を表す場合でも、“gift”が使われています。

“present”は、元々「存在している人の前に差し出す」という意味があることから、「相手に渡す」という解釈がオリジナルで、そこから転じて「親しい人に渡す贈り物」という意味になっています。

「贈物」の表現の使い方

「贈物」を使う場面は色々とありますが、一番最初に思い浮かべるのは、誕生日プレゼントでしょう。

その他にも、入学・合格祝いとしての「贈物」や卒業のお祝い、喜寿・白寿などのお祝いとしての「贈物」まで実に様々な「贈物」があり、とにかくお祝い事に関する場面で必ずと言っていいほどに出てくるキーワードです。



「贈物」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「贈物」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「贈物」を使った例文1
  • 「贈物」を使った例文2

「贈物」を使った例文1

「僕は彼女の贈り物をどうやって包んでもらうか悩んでいました」

彼女への「贈物」と言うと、「誕生日プレゼント」が定番でしょう。

しかし、意外に悩むのは、「贈物」の中身と同時に包装です。

包装も単なる包みではなく、おしゃれなものにすることで、より「贈物」が、ゴージャスになっていくはずです。

「贈物」を使った例文2

「今回の旅行が私にとって最高の贈物でした」

「贈物」と言うと、どうしても品物や食べ物の印象が強いのですが、決してそうではありません。

「旅行」などで「思い出」を作ることも素晴らしい「贈物」になるはずです。

いい思い出は、一生の宝物なのですから。

「贈物」の類語や類義語・言い換え

ここで「贈物」と似ている意味を持つ類義語をいくつか挙げてみることにします。

  • 「付け届け」【つけとどけ】
  • 「贈呈品」【ぞうていひん】

「付け届け」【つけとどけ】

「付け届け」「贈物」の類義語として使うことができます。

「謝礼や依頼のためや義理で、贈物をすること」という意味になり、「盆暮れの付け届け」という表現で使われています。

「贈呈品」【ぞうていひん】

「贈呈品」「贈物」の類義語の1つの数えることができます。

「贈呈」には「人に物を贈ること」「物を差し上げること」という意味があり、中元や歳暮などの行事、結婚・出産の特別な祝い事の品物として使われています。

icon まとめ

「贈物」には色々な種類の物や贈るタイミングも様々であることが、この記事でお分かり頂けたかと思います。

「贈物」は、誰でももらった素直にうれしいものなので、せっかく贈るのであれば、心のこもった品物を選ぶことが必要です。

貰った時の笑顔を見ると、贈った側もうれしくなるはずです。