意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「壮健」の意味とは!類語や言い換え

「壮健」とは、「心身が健康で元気なさま」を意味する言葉です。

「壮健」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

壮健

Meaning-Book
「壮健」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「壮健」とは?
  • 「壮健」の表現の使い方
  • 「壮健」を使った例文と意味を解釈
  • 「壮健」の類語や類義語・言い換え


「壮健」とは?

「壮健」という表現は、「心身が健康で元気なさま」を意味しています。

「壮健」というのは、「病気・怪我・衰弱などがなくて健康・元気であり、生命力(生の勢い)がみなぎっているさま」を意味する表現なのです。

  • 「壮健」の読み方

「壮健」の読み方

「壮健」の読み方は、「そうけん」になります。



「壮健」の表現の使い方

「壮健」の表現の使い方は、「病気などがなくて健康で元気なさま」を指示して使うという使い方になります。

「壮健」は、相手を敬う尊敬語のニュアンスがある「ご壮健」「(お父様は)ご壮健であられることと存じますが~」などの形で使われることが多くなっています。

「壮健」を使った例文と意味を解釈

「壮健」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「壮健」を使った例文1
  • 「壮健」を使った例文2

「壮健」を使った例文1

「学生時代にあれだけ壮健だった彼が、神経難病に指定されている深刻な病気を発症したと聞いて驚きました」

この「壮健」を使った例文は、「学生時代にあれだけ病気知らずで健康・元気そのものだった彼が、神経難病に指定されている深刻な病気を発症したと聞いて驚いた」ということを意味しています。

「壮健」を使った例文2

「お父様には現役時代に随分とお世話になりましたが、ご壮健で過ごされておられますでしょうか?」

この「壮健」を使った例文は、「お父様には現役時代に随分とお世話になりましたが、病気などなくお元気に(ご健康で)過ごされておられますでしょうか?」ということを意味しています。



「壮健」の類語や類義語・言い換え

「壮健」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「健康・元気」
  • 「丈夫・達者」

「健康・元気」

「壮健」の類義語・言い換えとして、「健康・元気」があります。

「壮健」という表現は、「病気などがなく健康であること」「勢いがあって元気なさま」を意味しています。

その意味合いから、「壮健」という表現は「健康・元気」という表現に言い換えることが可能なのです。

「丈夫・達者」

「壮健」の類語・言い換えには、「丈夫・達者」があります。

「丈夫」という表現は、「病気になりにくかったり怪我をしにくかったりして、身体が頑健なこと・強いこと」を意味しています。

「達者」という言葉は、「病気をしたり事故に遭ったりせず、健康で元気にしている状態」を意味しています。

それらの意味合いから、「壮健」とほとんど同じような意味を持つ類義語(シソーラス)として、「丈夫・達者」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

「壮健」という言葉について解説しましたが、「壮健」には「病気などがなくて、心身が健康で元気なさま」などの意味があります。

「壮健」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「健康・元気」「丈夫・達者」などがあります。

「壮健」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。