意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「絶賛」とは?意味や使い方!例文や解釈

「絶賛」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「絶賛」という言葉の理解を深めていきましょう。

絶賛

Meaning-Book
「絶賛」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「絶賛」とは?
  • 「絶賛」の表現の使い方
  • 「絶賛」を使った言葉と意味を解釈
  • 「絶賛」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「絶賛」の反対語
  • 「絶賛」の類語や類義語・言い換え
  • 「絶賛」の英語と解釈


「絶賛」とは?

「絶賛」とは絶大な賛美のことで、この上なく褒めることを言います。

  • 「絶賛」の読み方

「絶賛」の読み方

「絶賛」と書いて「ぜっさん」と読みます。



「絶賛」の表現の使い方

「絶賛」とは、絶大な賛美のことで、この上なく褒めること、とても褒めるという意味で覚えておくといいでしょう。

「絶賛」はいい意味の言葉ですから、褒め言葉として使うこともできますし、素晴らしいと伝えたい時に使うこともできます。

例えば「これが今、女の子たちに絶賛されている商品です」と言えば、女の子たちにそれほど人気な素晴らしい商品なのだと伝えることができるのです。

また「皆があなたの作品を絶賛していましたよ」と言えば、あなたの作品はこの上なく素晴らしいと褒め言葉として使うこともできます。

「絶賛」を使った言葉と意味を解釈

「絶賛」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「大絶賛」
  • 「絶賛を博する」
  • 「絶賛上映中」

「大絶賛」

「大絶賛」とは「絶賛」にさらに「大」をつけて強調していますが、これ以上はないとばかりの称賛、褒めたたえることを言います。

簡単に言えば「ものすごく褒めている」ということです。

「先生が大絶賛しているこのお菓子を手土産にすれば間違いはない」「上司が大絶賛しているので、この仕事は彼に任せるしかないな」という風に使います。

「絶賛を博する」

「絶賛を博する」「博する」とは獲得する、広める、広く行き渡るという意味ですから、絶大な賛美を獲得する、素晴らしさが広く行き渡るといった意味で使います。

「彼の作品は外国でも絶賛を博するだろうね」という風に言います。

「絶賛上映中」

「絶賛上映中」とはよく使われる言い回しですが、これは一つの宣伝文句のようなものです。

みんなから素晴らしいと言われている映画ですよ、褒められていますということを宣伝しているのです。

「評判もすごく良くて、ただいま上映しています」という意味合いです。

「絶賛上映中と言っても、僕はあまり観たくない」「絶賛上映中って言われると、じゃあ観ようかなと思うわ」などと使います。



「絶賛」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「絶賛」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「絶賛」を使った例文1
  • 「絶賛」を使った例文2

「絶賛」を使った例文1

「絶賛された作品だけど、実は私はそれほど面白いとは思わなかった」

ドラマ、映画、小説、漫画など絶大な人気、評判になっているものを「絶賛された作品」と言います。

しかし、例文にもありますように、全員が面白いと思うかどうかはわかりません。

人によって感じ方は違います。

ただ「絶賛」とつけることによって、注目を集める効果はありますので「絶賛発売中」「絶賛上映中」などと表現されます。

「絶賛」を使った例文2

「彼があれほど絶賛しているから、そこそこいいんじゃないの」

「絶賛」とはこの上なく褒めることです。

普通の褒めるよりも、さらに強く褒めるということになります。

ですから、例文のようにそれほどまでに褒めるならそこそこいいのだろうと思われるのです。

「絶賛」の反対語

「絶賛」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「酷評」【こくひょう】
  • 「低評価」【ていひょうか】
  • 「不評」【ふひょう】

「酷評」【こくひょう】

「酷評」とは手厳しい批評のことを言います。

「作品を酷評されて、かなり落ち込んでいる」「人の作品を酷評することなど僕にはできないよ」などと使います。

「低評価」【ていひょうか】

「低評価」とは値打ちが認められない、低く見られることを言います。

「この商品、低評価だから買うのは止めよう」「低評価だけど、僕はいいと思うなあ」などと使います。

「不評」【ふひょう】

「不評」とは評判が悪いことを言います。

「不評を買う」「この作品、不評だよね」という風に使います。

「絶賛」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「絶賛」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「称賛」【しょうさん】
  • 「賛美」【さんび】
  • 「礼賛」【れいさん】【らいさん】
  • 「べた褒め」【べたぼめ】
  • 「褒めちぎる」【ほめちぎる】

「称賛」【しょうさん】

「称賛」とは褒めたたえることを言います。

「称賛の拍手が鳴りやまない」「惜しみない称賛」などと使います。

「賛美」【さんび】

「賛美」とは褒めたたえるという意味です。

「賛美歌を歌う」「彼は彼女のことをいつだって賛美しているわ」などと使います。

「礼賛」【れいさん】【らいさん】

「礼賛」とは褒めたたえること、褒めて尊ぶことを言います。

尊敬の気持ちが入っているのです。

「礼賛者たちが待っているよ」「礼賛する」という風に使います。

「べた褒め」【べたぼめ】

「べた褒め」とは手放しで褒めることを言います。

「何だってあんなにべた褒めしているの」「こんなにべた褒めされると逆に不安になってきた」などと使います。

「褒めちぎる」【ほめちぎる】

「褒めちぎる」とは、これ以上ないほど、最大限に褒めることを言います。

「最高の踊りだったと褒めちぎる」「先生が褒めちぎるなんて、明日は嵐かも」という風に使います。

「絶賛」の英語と解釈

絶賛 meaning in english

「絶賛」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“high praise”と言います。

例文は“win the highest praise”(絶賛を博す)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「絶賛」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「絶賛」とは絶大な賛美、この上なく褒めるという意味になります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしていきましょう。