意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「両成敗」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「両成敗」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「両成敗」という言葉を使った例文や、「両成敗」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「両成敗」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「両成敗」とは?
  • 「両成敗」の英語と解釈
  • 「両成敗」の表現の使い方
  • 「両成敗」を使った例文や短文など
  • 「両成敗」の類語や類義語・言い換え


「両成敗」とは?

「両成敗」という言葉を知っているでしょうか。

「喧嘩両成敗」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「両成敗」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「両成敗」という言葉の意味を紹介します。

  • 「両成敗」の読み方
  • 「両成敗」の意味

「両成敗」の読み方

「両成敗」「りょうせいばい」と読みます。

あまり見慣れない言葉のため、読み方が難しいかもしれません。

これを機会に「両成敗」「りょうせいばい」と読みましょう。

「両成敗」の意味

「両成敗」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「両成敗」には、「反目しあう両者に対してペナルティ(罰)を与える」という意味です。



「両成敗」の英語と解釈

「両成敗」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「両成敗」は英語で、“two guilty parties tried and punished together”になります。

“two guilty parties tried and punished together”には、「罪を犯した二つのグループが、一緒に罰せられる」という意味があります。

「両成敗」を英語にしたい時は、このような英語の言い回しを使ってみましょう。

「両成敗」の表現の使い方

「両成敗」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「両成敗」には、「事情のいかんを問わず、ことを起こした両方を罰すること」という意味があります。

「喧嘩両成敗」という言葉がありますが、喧嘩した理由を問わずに、喧嘩した二人をどちらも罰するという意味があります。

子供同士が喧嘩をした時などに、あまり理由を聞かずに、どちらも怒ることがありますが、このような時、「喧嘩両成敗」という言葉を使います。

このように「両成敗」という言葉には、「事情のいかんを問わず、ことを起こした両方を罰すること」という意味があります。



「両成敗」を使った例文や短文など

次に「両成敗」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「両成敗」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「両成敗」を使った例文1
  • 「両成敗」を使った例文2

「両成敗」を使った例文1

「同僚と会議中に言い争いをしてしまい、『両成敗』だと、二人とも始末書を書かされる」 この例文は、建設的な意見を言わなければいけない会議の場で、口喧嘩のようになってしまった二人を、どちらも罰したという場面になります。

どのような理由があっても、会議中に口喧嘩をしてはいけないためです。

「両成敗」を使った例文2

「喧嘩『両成敗』にされたが、明らかにあっちが悪い」

この例文のように思った経験があるかもしれません。

喧嘩をしたのは悪いと思うものの、相手に明らかな非がある時、同じように罰せられるのはおかしいと感じるためです。

「両成敗」の類語や類義語・言い換え

「両成敗」の類語や類似表現を紹介します。

「両成敗」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「痛み分け」【いたみわけ】
  • 「どっちもどっち」【どっちもどっち】

「痛み分け」【いたみわけ】

「痛み分け」という言葉の意味を紹介します。

「痛み分け」には、「喧嘩や議論などで、どちらも深い痛手を被ったまま、決着がつかない様子」という意味があります。

どちらも傷ついた上に引き分けに終わったため、「痛み分け」と言います。

「どっちもどっち」【どっちもどっち】

「どっちもどっち」には、「双方とも積極的によいという評価を下せない様子」という意味があります。

「どっちも良くない」「どっちもいまいち」だと感じる時に、「どっちもどっち」という言葉を使います。

icon まとめ

「両成敗」という言葉について見てきました。

事情のいかんを問わずに、ことを起こした両方を罰する時、「両成敗」という言葉を使ってみましょう。