意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安閑」の意味とは!類語や言い換え

「安閑」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「安閑」という言葉を使った例文や、「安閑」の類語を紹介して行きます。

安閑

Meaning-Book
「安閑」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「安閑」とは?
  • 「安閑」を使った例文や短文など
  • 「安閑」の類語や類義語・言い換え


「安閑」とは?

「安閑」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンでは、年度末などに「安閑としていられない」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「安閑」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「安閑」という言葉の意味を紹介します。

  • 「安閑」の読み方
  • 「安閑」の意味

「安閑」の読み方

「安閑」「あんかん」と読みます。

少し読み方が難しいため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「安閑」「あんかん」と読みましょう。

「安閑」の意味

「安閑」という言葉の意味を紹介します。

「安閑」には、「のんきに何もしないでいる様子」という意味があります。

年度末などの忙しい時期は、のんきに何もしないでいるというわけにはいかないため、「安閑としていられない」などと言います。

このように「安閑」には「のんきに何もしないでいる様子」という意味があります。



「安閑」を使った例文や短文など

「安閑」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安閑」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「安閑」を使った例文1
  • 「安閑」を使った例文2

「安閑」を使った例文1

「ずっと忙しく生きてきたので、そろそろ『安閑』とした暮らしをしたい」

この例文のように、忙しい毎日を送っている人もいるでしょう。

このような人は、いつか何もせずのんびり暮らしたいと思っているかもしれません。

ある程度年齢を重ねたら、「安閑とした暮らし」にシフトするのかもしれません。

「安閑」を使った例文2

「休日は『安閑』とした時間を過ごす」 この例文の人のように、休日は特に何もせず、家でゴロゴロと過ごそうと決めている人もいるでしょう。

のんきで何もしない「安閑」とした時間は、平日の仕事の疲れを癒してくれるかもしれません。

趣味ごとに熱中する時間も必要ですが、「安閑」とした時間も必要かもしれません。

「安閑」の類語や類義語・言い換え

「安閑」の類語や類似表現を紹介します。

「安閑」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「長閑」【のどか】
  • 「安らか」【やすらか】

「長閑」【のどか】

「長閑」には、「寛いでのんびりしている様子」という意味があります。

「長閑な風景」は、目の前に映る人や自然が寛いでのんびりしているように見える、のんびりした風景という意味になります。

「安らか」【やすらか】

「安らか」には、「穏やかで心配のない様子」という意味があります。

「安らかな暮らし」は、穏やかで心配事がない生活という意味があります。



icon まとめ

「安閑」という言葉について見てきました。

のんきに何もしないでいる様子の人を見た時、「安閑」という言葉を使ってみましょう。