意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鈍化」の意味とは!類語や言い換え

「鈍化」とは、「鈍くなること・鈍くすること」を意味する言葉です。

「鈍化」「意味・読み方・使い方・鈍化を使った言葉・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

鈍化

Meaning-Book
「鈍化」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「鈍化」とは?
  • 「鈍化」の表現の使い方
  • 「鈍化」を使った例文と意味を解釈
  • 「鈍化」の類語や類義語・言い換え


「鈍化」とは?

「鈍化」という表現は、「鈍くなること(にぶくなること)・鈍くすること」を意味しています。

「鈍化」というのは、「成長・速度・攻撃などの勢いが衰えて鈍くなるさま」「感性・才能・センスなどが衰えて鋭さを失っていくさま」を意味する表現なのです。

  • 「鈍化」の読み方

「鈍化」の読み方

「鈍化」の読み方は、「どんか」になります。



「鈍化」の表現の使い方

「鈍化」の表現の使い方は、「勢い・速度・攻撃などの勢いが落ちて鈍くなっている場合」「感性・センス・才能などの鋭敏さが衰えて鈍くなっている時」に使うという使い方になります。

また「相手の勢い・能力・センスなどを衰えさせたり鈍らせたりする場合」にも、「鈍化」という言葉を使用できます。

例えば、「中国の経済成長のスピードが近年は鈍化していて、世界経済に悪影響を与えています」といった文章で使えるのです。

「鈍化」を使った例文と意味を解釈

「鈍化」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「鈍化」を使った例文1
  • 「鈍化」を使った例文2

「鈍化」を使った例文1

「不景気で経済活動が鈍化すると、仕事・お金の悩みでイライラする人たちが増えて人心が荒廃しやすくなります」

この「鈍化」を使った例文は、「不景気で経済活動が勢いを衰えさせて鈍くなると、仕事・お金の悩みでイライラする人たちが増えて人心が荒廃しやすくなる」ということを意味しています。

「鈍化」を使った例文2

「年齢のせいなのか、最近は芸術作品に対する感受性が鈍化して、かつてほどの新鮮な感動が得られなくなりました」

この「鈍化」を使った例文は、「年齢のせいなのか、最近は芸術作品に対する感受性が衰えてにぶって、かつてほどの新鮮な感動が得られなくなった」ということを意味しています。



「鈍化」の類語や類義語・言い換え

「鈍化」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「鈍る・陰りが生じる」【にぶる・かげりがしょうじる】
  • 「スローダウン・ペースダウン」

「鈍る・陰りが生じる」【にぶる・かげりがしょうじる】

「鈍化」の類義語・言い換えとして、「鈍る・陰りが生じる」があります。

「鈍化」という表現は、「勢い・成長がにぶること」「今までの勢い・成功が衰えて陰りが生じてくるさま」を意味しています。

その意味合いから、「鈍化」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「鈍る・陰りが生じる」を指摘できます。

「スローダウン・ペースダウン」

「鈍化」の類語・言い換えには、「スローダウン・ペースダウン」があります。

「鈍化」という言葉は、「今までよりも物事を進めるスピードを落とすこと」「スピード感がなくなってペースが落ちること」を意味しています。

その意味から、「鈍化」の表現は「スローダウン・ペースダウン」という表現に言い換えられるのです。

icon まとめ

「鈍化」という言葉について解説しましたが、「鈍化」には「鈍くなること・鈍くすること」などの意味があります。

「鈍化」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「鈍る・陰りが生じる」「スローダウン・ペースダウン」などがあります。

「鈍化」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。