意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「借金のカタ」の意味とは!類語や言い換え

「借金のカタ」とは、「借金返済の代わりになるもの」を意味する言葉です。

「借金のカタ」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

借金のカタ

Meaning-Book
「借金のカタ」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「借金のカタ」とは?
  • 「借金のカタ」の表現の使い方
  • 「借金のカタ」を使った例文と意味を解釈
  • 「借金のカタ」の類語や類義語・言い換え


「借金のカタ」とは?

「借金のカタ」という表現は、「借金返済の代わりになるもの」「借金していることの保障となる抵当(ていとう)・担保(たんぽ)」を意味しています。

「借金のカタ」というのは、「借金していることの証(あかし)になるもの」「借金を返済できない時に代わりに差し出すもの」を意味しているのです。



「借金のカタ」の表現の使い方

「借金のカタ(借金の形)」の表現の使い方は、「借金返済の代わりになるもの」を意味して使うという使い方になります。

「借金のカタ」という表現は、「借金していることの証明(借金を返済できない場合に金銭の代わり)になる担保・抵当」を指示して使うことができるのです。

例えば、「借金のカタとして、大型テレビや冷蔵庫など家財道具一式を持ち去られました」といった文章で、「借金のカタ」の表現を使えます。

「借金のカタ」を使った例文と意味を解釈

「借金のカタ」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「借金のカタ」を使った例文1
  • 「借金のカタ」を使った例文2

「借金のカタ」を使った例文1

「今以上の金額を借りたいのであれば、借金のカタになるものを何でもいいから差し出せと言われました」

この「借金のカタ」を使った例文は、「今以上の金額を借りたいのであれば、借金していることの証(あかし)・担保(返済できない時に代わりに出す)になるものを何でもいいから差し出せと言われた」ということを意味しています。

「借金のカタ」を使った例文2

「借金のカタとして、大事に長年愛用してきたロレックスの高級時計を持って行かれてしまいました」

この「借金のカタ」を使った例文は、「借金返済の代わりとして、大事に長年愛用してきたロレックスの高級時計を持って行かれてしまった」ということを意味しています。



「借金のカタ」の類語や類義語・言い換え

「借金のカタ」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「借金返済の代わり」
  • 「借金の担保・借金の抵当」

「借金返済の代わり」

「借金のカタ」の類義語・言い換えとして、「借金返済の代わり」があります。

「借金のカタ」という表現は、「借金が返済できない場合に代わりに差し出すもの」を意味しています。

その意味合いから、「借金のカタ」に良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「借金返済の代わり」を指摘できます。

「借金の担保・借金の抵当」

「借金のカタ」の類語・言い換えには、「借金の担保・借金の抵当」があります。

「借金のカタ」という表現は、「借金が返済できない時に、代わりに納める担保・抵当の財産的なもの」を意味しています。

この意味から、「借金のカタ」の表現は「借金の担保・借金の抵当」という表現で言い換えることが可能なのです。

icon まとめ

「借金のカタ」という言葉について解説しましたが、「借金のカタ」には「借金返済の代わりになるもの・抵当」などの意味があります。

「借金のカタ」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「借金返済の代わり」「借金の担保・借金の抵当」などがあります。

「借金のカタ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。