意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見違える」の意味とは!類語や言い換え

「見違える」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「見違える」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「見違える」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「見違える」とは?
  • 「見違える」の表現の使い方
  • 「見違える」を使った例文と意味を解釈
  • 「見違える」の類語や類義語・言い換え


「見違える」とは?

「見違える」というのは他のものと見誤る、見間違える、という意味になります。

例えば、昔見たときには子供だったのに、すっかり大きくなっていた、というときには「見違えるほど立派になった」と表現できます。

あるいは、昔はニキビなどが酷くて大変だったのに、久しぶりに会ったらすっかりきれいな肌になっていた、という時にも「見違えるほど綺麗になった」などと使えます。

前見た時とは全然違っている、とても変わった、などという時に使える表現で、褒めるときに使われる表現だといえます。



「見違える」の表現の使い方

「見違える」というのは前に見た時とは全然違う、という時に使える表現です。

「見違えるようになる」と言われることもあり、性質や状態が大きく変わる、大きく変化する、化ける、などという意味で使われるのです。

驚くほどにきれいになった、などという時にも「見違えるほど綺麗になった」と表現できます。

「見違える」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「見違える」を使った例文1
  • 「見違える」を使った例文2

「見違える」を使った例文1

「孫が見違えるほど大きくなって嬉しく思っています」

子供はあっという間に成長していきますよね。

親が気づかないうちに成長することもあり、ふとした時に「成長したなぁ」と思うこともあるのではないでしょうか。

一緒に住んでいるわけでは無いおじいちゃんやおばあちゃんにしてみれば、なおさらのことかもしれません。

ついこの前まで赤ちゃんだった孫があっという間に大きくなってしまい、歩くようになった、走るようになった、とその成長を喜んでくれるのではないでしょうか。

あっという間に社会人になってしまうかもしれないですよ。

「見違える」を使った例文2

「同窓会で彼女に会ったけど、彼女、見違えるほど綺麗になっていたよ」

同窓会は「見違える」という表現を最も多く使う場所かも知れませんね。

学生時代はこうだったのに、あっという間にきれいになってしまった、ということもあるかもしれません。

面影がないほど綺麗になった、面影がないほどかっこよくなった、などという時に「見違える」という表現が使います。



「見違える」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「大きく変化する」【おおきくへんかする】
  • 「変貌する」【へんぼうする】

「大きく変化する」【おおきくへんかする】

「大きく変化する」というのは性質や状態が大きく変わる、殻を破る、という意味です。

「大きく変わる」「劇的に変化する」などと言われることもあります。

「変貌する」【へんぼうする】

「変貌する」というのは姿や様子が変わるということです。

例えば、「畑が住宅地にすっかり変貌してしまった」などと使われますね。

「変貌を遂げる」と言われることもあります。

icon まとめ

「見違える」という表現は良い意味で使われることも多い言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

自分も「見違えるほど綺麗になった」などと言われたいですね。