意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「運命の悪戯」の意味とは!類語や言い換えを紹介

「運命の悪戯」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「運命の悪戯」という言葉を使った例文や、「運命の悪戯」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「運命の悪戯」の意味とは!類語や言い換えを紹介>


目次

  • 「運命の悪戯」とは?
  • 「運命の悪戯」を使った例文や短文など
  • 「運命の悪戯」の類語や類義語・言い換え


「運命の悪戯」とは?

「運命の悪戯」という言葉を知っているでしょうか。

初恋の相手と街角で偶然再会した時、「運命の悪戯」を感じたかもしれません。

一方で、「運命の悪戯」という言葉を、知らない人もいるでしょう。

そこで「運命の悪戯」という言葉の意味を紹介します。

  • 「運命の悪戯」の読み方
  • 「運命の悪戯」の意味

「運命の悪戯」の読み方

「運命の悪戯」「うんめいのいたずら」と読みます。

「運命」「うんめい」「悪戯」「いたずら」と読みます。

これを機会に、「運命の悪戯」「うんめいのいたずら」と読みましょう。

「運命の悪戯」の意味

「運命の悪戯」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「運命の悪戯」には、「人知の及ばないものに、もてあそばれているかのような、奇妙な巡り合わせ」という意味があります。

街角で偶然、初恋の相手と出会う可能性は、おそらくとても小さなもののはずです。

それでも出会ってしまったのは、人知の及ばない何かの導きによるものだと感じるかもしれません。

このように「運命の悪戯」には、「人知の及ばないものに、もてあそばれているかのような、奇妙な巡り合わせ」という意味があります。



「運命の悪戯」を使った例文や短文など

次に「運命の悪戯」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「運命の悪戯」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「運命の悪戯」を使った例文1
  • 「運命の悪戯」を使った例文2

「運命の悪戯」を使った例文1

「仕事の競合相手が、転職前の会社とは『運命の悪戯』だ」

この例文のような場面があったら、「運命の悪戯」と感じるかもしれません。

昔の同僚相手にプレゼンをしたり、競争をするのは、気まずいかもしれません。

「運命の悪戯」を使った例文2

「『運命の悪戯』が起こり、アイドルと付き合えたらいいのに」

この例文のように、不思議な力が働いて、大好きなアイドルと付き合えたらいいのにと感じている人がいるかもしれません。

自分の実力では手が届かない高嶺の花にも、「運命の悪戯」が起これば、手が届くかもしれません。

「運命の悪戯」の類語や類義語・言い換え

「運命の悪戯」の類語や類似表現を紹介します。

「運命の悪戯」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「偶然」【ぐうぜん】
  • 「奇跡」【きせき】

「偶然」【ぐうぜん】

「偶然」には、「事前に予期しないことが起こること」「必然性がないことが起こること」という意味があります。

「偶然、見かけた」という時は、見る必然性のない場面で、何かを見たという意味になります。

「奇跡」【きせき】

「奇跡」という言葉には、「常識では理解できないような出来事」という意味があります。

「奇跡が起きた」「奇跡的な勝利」などという使い方をします。



icon まとめ

「運命の悪戯」という言葉について見てきました。

人知の及ばない不思議な力によって起きたとしか思えない事態が起こった時、「運命の悪戯」という言葉を使ってみましょう。