意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「腕尽く」の意味とは!類語や言い換え

「腕尽く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「腕尽く」という言葉を使った例文や、「腕尽く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「腕尽く」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「腕尽く」とは?
  • 「腕尽く」を使った例文や短文など
  • 「腕尽く」の類語や類義語・言い換え


「腕尽く」とは?

「腕尽く」という言葉を知っているでしょうか。

「腕尽くで、リーダーになった」という人を見たことがあるかもしれません。

一方で、「腕尽く」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「腕尽く」という言葉の意味を紹介します。

  • 「腕尽く」の読み方
  • 「腕尽く」の意味

「腕尽く」の読み方

「腕尽く」「うでずく」と読みます。

かなり読み方が難しいため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「腕尽く」「うでずく」と読みましょう。

「腕尽く」の意味

「腕尽く」という言葉の意味を紹介して行きます。

「腕尽く」には、「腕力をふるって、自分の思い通りにすること」という意味があります。

「腕尽くで、リーダーになった」という時は、腕力をふるって、みんなに言うことを聞かせて、リーダー役に就任したという意味があります。

このように「腕尽く」には、「腕力をふるって、自分の思い通りにすること」という意味があります。



「腕尽く」を使った例文や短文など

「腕尽く」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「腕尽く」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「腕尽く」を使った例文1
  • 「腕尽く」を使った例文2

「腕尽く」を使った例文1

「社会人になると、腕尽くでは何も得られない」

小学校時代や中学校時代なら、腕力さえあれば周囲の人を従わせられたかもしれません。

それなりのものを手にすることもできたでしょう。

しかし社会人になり、腕力をふるっても何も得られないでしょう。

それどころか、逮捕されて居場所を失ってしまうかもしれません。

「腕尽く」を使った例文2

「『腕尽く』以外のやり方を知らない」

ずっと番長のような立場だった人は、腕力ですべてを解決してきたかもしれません。

しかしそのようなやり方はいつまでも通用しないため、「腕尽く」以外の方法を、早めに学ぶ必要があります。

「腕尽く」の類語や類義語・言い換え

「腕尽く」の類語や類似表現を紹介します。

「腕尽く」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「手荒い」【てあらい】
  • 「力任せ」【ちからまかせ】

「手荒い」【てあらい】

「手洗い」には、「扱い方や動作が荒々しい」という意味があります。

例えばホームランを打った打者を味方の選手が出迎える時、頭や体をばしばしと叩く行為は、「手荒い祝福」と言われます。

「力任せ」【ちからまかせ】

「力任せ」には、「ありったけの力を出すこと」という意味があります。

「力任せに、ボールを投げた」という時は、ありったけの力を出して、ボールを投げたという意味になります。



icon まとめ

「腕尽く」という言葉について見てきました。

腕力の限り、何かをする時、また腕力で物事を解決しようとした時に、「腕尽く」という言葉を使ってみましょう。