意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面差」とは?意味!解説

「面差」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

意味や読み方、類語などを紹介していきます。

では一緒に「面差」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「面差」とは?意味!解説>


目次

  • 「面差」とは?
  • 「面差」の類語


「面差」とは?

「面差」とは顔の様子、顔立ちのことを言います。

「面差が、亡くなった母にそっくりだ」「優し気な面差の女性が座っている」などと使います。

  • 「面差」の読み方

「面差」の読み方

「面差」と書いて「おもざし」と読みます。

少々難しい読み方ですが覚えておきましょう。



「面差」の類語

言葉の意味が理解できましたところで「面差」の類語をいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「面構え」【つらがまえ】
  • 「面相」【めんそう】
  • 「ルックス」【るっくす】
  • 「お顔立ち」【おかおだち】

「面構え」【つらがまえ】

「面構え」とは、顔つきという意味なのですが、悪そうな顔、強そうな顔に対して使う言葉です。

ですから使い方には注意が必要です。

「癖のありそうな面構えである」「不敵な面構えをしている」などと使います。

「面相」【めんそう】

「面相」とは良くない顔つきであったり、人相という言葉を固く言う言い方のことです。

「百面相」「御面相」などと使います。

「ルックス」【るっくす】

「ルックス」とは英語で“looks”と書きますが、意味は顔かたち、容貌、器量ということになります。

「ルックスがいい」「ルックスはいいんだけど、僕の好みじゃないなあ」などと使います。

「お顔立ち」【おかおだち】

「お顔立ち」とは生まれつきの顔のつくり、目鼻立ちと同じ意味です。

「品のあるお顔立ちのお嬢様」「整ったお顔立ちでいらっしゃる」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「面差」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「面差」と併せて類語も一緒に覚えておきましょう。