意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「過大視」の意味とは!類語や言い換え

「過大視」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「過大視」という言葉を使った例文や、「過大視」の類語を紹介して行きます。

過大視

Meaning-Book
「過大視」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「過大視」とは?
  • 「過大視」を使った例文や短文など
  • 「過大視」の類語や類義語・言い換え


「過大視」とは?

「過大視」という言葉を知っているでしょうか。

「ライバルを過大視した」という経験があるかもしれません。

今回は「過大視」という言葉の意味を紹介します。

  • 「過大視」の読み方
  • 「過大視」の意味

「過大視」の読み方

「過大視」「かだいし」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「過大視」「かだいし」と読みましょう。

「過大視」の意味

「過大視」という言葉の意味を紹介します。

「過大視」には、「実際以上に大きく見積もること」という意味があります。

また「実際より大きく重大に考える」という意味もあります。

「ライバルを過大視した」という時は、スポーツのライバルなどを、実際以上に大きく見てしまい、委縮してしまったり勝てないと思ってしまったという意味があります。

このように、「過大視」という言葉には、「実際以上に大きく見積もること」という意味があります。



「過大視」を使った例文や短文など

「過大視」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「過大視」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「過大視」を使った例文1
  • 「過大視」を使った例文2

「過大視」を使った例文1

「問題を『過大視』したが、後で振り返ればたいした問題でなかった」

この例文のように、小さな問題を重要な問題だと考えて、悩んでしまったことがあるかもしれません。

特に思春期は様々なことを「過大視」してしまいますが、大人になればたいした問題でないと感じるでしょう。

「過大視」を使った例文2

「上司に『過大視』されているが、それほどの実力はない」

この例文のように、職場の上司に実力以上に大きく見られていたり、優秀だと思われて、困っている人がいるかもしれません。

いつか化けの皮がはがれそうで、重圧を感じるかもしれません。

高く評価されるのは嬉しいですが、「過大視」されるのは困りものです。

「過大視」の類語や類義語・言い換え

「過大視」の類語や類似表現を紹介します。

「過大視」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「買い被り」【かいかぶり】
  • 「ひいき目」【ひいきめ】

「買い被り」【かいかぶり】

「買い被り」「実際以上に高く評価すること」という意味があります。

「買い被りするな」「買い被りし過ぎ」などという使い方をします。

「ひいき目」【ひいきめ】

「ひいき目」「自分が好む物や人物を他より高く評価する」という意味があります。

自分が好きなジャンルのスターを、他のジャンルのスターより高く評価する時、「ひいき目が過ぎる」などと言います。



icon まとめ

「過大視」という言葉について見てきました。

誰かを実際以上に大きく見た時、また大したことない問題を、重大に考えた時、「過大視」という言葉を使ってみましょう。