意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「案の定」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「案の定」という言葉を耳にしたすることがよくあるのではないかと思います。

この言葉は、身近な生活の中の会話や仕事をしている時でも、周りの人達が使っていることに気が付くくらいに出てくる言葉の1つです。

そこで今回は、改めてこの「案の定」について、考察を薦めてみたいと思います。

案の定

Meaning-Book
「案の定」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「案の定」とは?
  • 「案の定」の対義語
  • 「案の定」の表現の使い方
  • 「案の定」を使った例文と意味を解釈
  • 「案の定」の類語や類義語・言い換え


「案の定」とは?

よく聞くことがある「案の定」とは、「予想した通り」「想像していた通り」といったような意味を持つ言葉です。

  • 「案の定」の読み方

「案の定」の読み方

「案の定」「あんのじょう」という読み方になりますが、「定」の部分が読みづらく感じるかもしれません。

間違った読み方をしないように、チェックしておきたい部分です。



「案の定」の対義語

「予想外通り」という意味になる「案の定」の対義語としては、「思いのほか」という言葉があります。

「予想していたことと実際が食い違っている」という意味になりますが、この言い回しも日常的に使われています。

「案の定」の表現の使い方

「案の定」「思っていた通り」にという意味があるので、誰が見ても簡単に予想外つきそうなことが実際に現実に起きたような際に使われることになります。



「案の定」を使った例文と意味を解釈

では、「案の定」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「案の定」を使った例文1
  • 「案の定」を使った例文2

「案の定」を使った例文1

「友人から久しぶりにメールをもらった時に嫌な予感がしたのですが、案の定良くない知らせだったのです」

このようなケースは第六感が働いているのかもしれませんが、久しぶりに連絡をしてきた友人の身に何か悪いことが起きてしまったということです。

「案の定」を使うケースとしては、典型的な事例ですが、あまり当たって欲しくない事柄です。

「案の定」を使った例文2

「娘があまり勉強していないように思っていたのですが、案の定、今度の国会試験は落ちてしまった」

「やっぱり試験をパスすることができなかった」ということですが、勉強をしていないことが分かっていたのですから、当然の結果と言えるかもしれません。

予想できることなのですから、ちょっと劇を飛ばすことも必要かと思います。

これが自分の子供のことであれば、なおさら必死に説得するのではないでしょうか?

「案の定」の類語や類義語・言い換え

「案の定」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「やはり」
  • 「思った通り」【おもったとおり】

「やはり」

「やはり」「案の定」の類義語として扱うことができます。

「予想していた通りになったね」というニュアンスがある言い回しで、「やっぱり」という表現もあります。

ごく日常的な表現で使われています。

「やはり」という言葉を耳にすると、「物事が悪い結果になってしまった」というニュアンスがあるので、少し気落ちしそうになります。

「思った通り」【おもったとおり】

「思った通り」「案の定」と同じ意味を持つ言葉です。

「予想した通り」という意味で使える言葉で、これも普段の会話の中で、よく聞くことがあります。

「思った通り」に結果が出てくるということは、恐らくだれが見ても同じようにことを想像していることが少なくありません。

そのような結果はあまり良くないことなので、その人に何かしらのアドバイスや忠告を入れてあげることも必要ではないかと思います。

icon まとめ

「案の定」という言葉の意味や具体的な活用法を紹介してきましたが、この言葉が使われる場合、その結果は決して良いことではなく悪いことの方が多いものです。

したがって、「案の定」の対象となる人がマイナスに向かって進もうとしているのであれば、正しい方向に導きてあげることが大切だと思うのです。