意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「訴求」とは?意味や使い方!例文や解釈

「訴求」とは、「宣伝広告・販売などで、消費者の購買意欲に効果的に働きかけること」を意味する言葉です。

「訴求」「意味・読み方・使い方・訴求を使った言葉・例文と解釈・訴求と要求の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

訴求

Meaning-Book
「訴求」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「訴求」とは?
  • 「訴求」の表現の使い方
  • 「訴求」を使った言葉と意味を解釈
  • 「訴求」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「訴求」と「要求」の意味の違い
  • 「訴求」の類語や類義語・言い換え
  • 「訴求」の英語と解釈


「訴求」とは?

「訴求」という表現は、「宣伝広告・販売などで、消費者の購買意欲(買いたいと思うマインド)に効果的に働きかけること」を意味しています。

「訴求」というのは、「宣伝広告や販促を含む広義のマーケティングにおいて、消費者の購買欲求に訴えかけて買いたい気持ちにさせること」を意味している表現なのです。

また「訴求」には、「誰かに訴えかけて求める」という意味合いもあります。

  • 「訴求」の読み方

「訴求」の読み方

「訴求」の読み方は、「そきゅう」になります。



「訴求」の表現の使い方

「訴求」の表現の使い方は、「宣伝広告・販促活動などのマーケティングによって消費者(買い手)のマインド・購買欲求に訴えかける場合」に使うという使い方になります。

また「訴求」というのは、「誰かに訴えかけて求める」という意味でも使われることがあります。

一般的には、「消費者の購買欲求に訴えかけて、商品・サービスを買いたい気持ちにさせる時」「訴求」の表現が使われるのです。

例えば、「大企業はリサーチ結果に基づいて、訴求効果の高いマーケティングを常に探求しています」といった文章で、「訴求」の表現を使用することができます。

「訴求」を使った言葉と意味を解釈

「訴求」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「広告で訴求する」【こうこくでそきゅうする】
  • 「消費者に訴求する」【しょうひしゃにそきゅうする】
  • 「訴求対象」【そきゅうたいしょう】

「広告で訴求する」【こうこくでそきゅうする】

「広告で訴求する」という表現は、「テレビ・雑誌・インターネットなどの広告を介して、消費者の購買欲求に働きかけて刺激すること」を意味しています。

例えば、「テレビCMなどの広告で訴求するという従来のやり方だけでは通用しづらい商品もあります」といった文章で、この言葉を使えます。

「消費者に訴求する」【しょうひしゃにそきゅうする】

「消費者に訴求する」という表現は、「商品・サービスの買い手である消費者のマインドに訴えかけること」を意味しています。

例えば、「マーケティングの基本はいつでも、どうすれば消費者に訴求することができるのかを考えることにあります」といった文章で使われます。

「訴求対象」【そきゅうたいしょう】

「訴求対象」という言葉は、「宣伝広告・販促などのマーケティングで、その人の購買欲求に訴えかけたいと思っている相手、相手の層(セグメント)」のことを意味しています。

例えば、「訴求対象を絞り込むことによって、より効果的な広告を打つことができるのです」といった文章で使うことができます。



「訴求」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「訴求」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「訴求」を使った例文1
  • 「訴求」を使った例文2

「訴求」を使った例文1

「消費者に訴求する宣伝広告を考えるためには、売り手だけではなく買い手の目線や心理になってどんなCMを見たいか想像してみる必要があります」

この「訴求」を使った例文は、「消費者のマインド・購買欲求に効果的に訴えかける宣伝広告を考えるためには、売り手だけではなく買い手の目線や心理になってどんなCMを見たいか想像してみる必要がある」ということを意味しています。

「訴求」を使った例文2

「ターゲット層に訴求するマーケティング戦略を立案・実行することができれば、その企業の製品・サービスの売上は何倍にも増えることがあります」

この「訴求」を使った例文は、「ターゲット層の購買意欲に訴えかけて買いたくさせるマーケティング戦略を立案・実行することができれば、その企業の製品・サービスの売上は何倍にも増えることがある」ということを意味しています。

「訴求」と「要求」の意味の違い

「訴求」「要求」の意味の違いは、「訴求」の表現は「消費者の心(購買意欲)に訴えかけて商品を売れやすくすること」を意味していますが、「要求」という表現は「何かが欲しいと直接求めること・何かをしてほしいと直接求めること」を意味しているという違いがあります。

「訴求」というのは「消費者の購買欲求に対する間接的な訴えかけ」ですが、「要求」というのは「消費者に限らない一般的な他者に対する直接的な求め・請求」であるという違いがあるのです。

そのため、「消費者にテレビCMで訴求する」とは言えますが、「消費者にテレビCMで要求する」という言い方は一般的にできないのです。

「訴求」の類語や類義語・言い換え

「訴求」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「アピール・効果的」
  • 「提案・働きかけ」
  • 「影響・説得」

「アピール・効果的」

「訴求」の類義語・言い換えとして、「アピール・効果的」があります。

「訴求」という表現は、「ある商品・サービスを効果的にアピールすることによって、消費者の消費マインドに働きかけること」を意味しています。

その意味から、「訴求」とほとんど同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「アピール・効果的」を上げることができます。

「提案・働きかけ」

「訴求」の類語・言い換えには、「提案・働きかけ」があります。

「訴求」という表現は、「宣伝広告を介して消費者の購買欲求を刺激するような提案をしたり、効果的に働きかけたりすること」を意味しています。

それらの意味から、「訴求」の表現は「提案・働きかけ」という表現に言い換えることが可能なのです。

「影響・説得」

「訴求」の類義語・言い換えとして、「影響・説得」があります。

「訴求」という表現は、「広義のマーケティングで消費者の心理・行動に影響を与えたり、その商品を買う方向に説得したりすること」を意味しています。

それらの意味合いから、「訴求」と近しい似た意味を持つ類義語として、「影響・説得」を指摘できます。

「訴求」の英語と解釈

訴求 meaning in english

「訴求」という言葉を英語で言い表すと、以下のようになります。

“appeal”(アピール・訴えかけ・訴求)

“appeal to~”(~にアピールする・~に訴求する)

“selling points, strength”(訴求ポイント・アピールポイント)

  • “This new smart design appeals to both young and senior.”

“This new smart design appeals to both young and senior.”

「訴求」という言葉を使ったこの英語の例文は、「この新しいスマートなデザインは、若年層にもシニア層にも訴求します」ということを意味しています。

icon まとめ

「訴求」という言葉について徹底的に解説しましたが、「訴求」には「宣伝広告・販売などで、消費者の購買意欲に効果的に働きかけること」などの意味があります。

「訴求」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「アピール・効果的」「提案・働きかけ」「影響・説得」などがあります。

「訴求」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。