意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「才覚」とは?意味や使い方!例文や解釈

「才覚」とは、「頭を素早く働かせて物事に対応する能力」を意味する言葉です。

「才覚」「意味・読み方・使い方・才覚を使った言葉・例文と解釈・才覚と才能の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

才覚

Meaning-Book
「才覚」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「才覚」とは?
  • 「才覚」の表現の使い方
  • 「才覚」を使った言葉と意味を解釈
  • 「才覚」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「才覚」と「才能」の意味の違い
  • 「才覚」の類語や類義語・言い換え
  • 「才覚」の英語と解釈


「才覚」とは?

「才覚」という表現は、「頭を素早く働かせて物事(問題)に対応する能力」「有用な知恵の働き・状況に応じて機転が効くこと」を意味しています。

「才覚」には、「お金を工面すること・あれこれ苦心してお金や物を手に入れること」「頭を働かせて工夫すること」の意味もあります。

また「才覚」は、「学問や学識の有効な力」も意味している表現です。

  • 「才覚」の読み方

「才覚」の読み方

「才覚」の読み方は、「さいかく」になります。



「才覚」の表現の使い方

「才覚」の表現の使い方は、「素早く頭を働かせて物事を処理する場合」「苦労しつつもお金・物を工面する場合」に使うという使い方になります。

「実際に有用な学問・学識・知識がある」といった意味で、「才覚」の表現が使われることもあります。

例えば、「才覚のある人物が本気で努力したら、凡庸な人ではとても敵いません」「ビジネスの才覚を発揮して会社を大きくしました」などの文章で、「才覚」という表現を使用することができます。

「才覚」を使った言葉と意味を解釈

「才覚」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「才覚がある」【さいかくがある】
  • 「才覚を発揮する」【さいかくをはっきする】
  • 「才覚する」【さいかくする】

「才覚がある」【さいかくがある】

「才覚がある」という言葉は、「ある仕事・分野の才能・適性・資質があること」「素早く頭を働かせて物事に適切に対応する能力があること」を意味しています。

例えば、「学者としての才覚があれば、すでに准教授くらいにはなっているはずです」といった文章で使われます。

「才覚を発揮する」【さいかくをはっきする】

「才覚を発揮する」という表現は、「頭を迅速に回転させて物事を解決する能力を出すこと」「その仕事・分野に対する素晴らしい資質・能力などを発揮すること」を意味しています。

例えば、「投資家としての才覚を発揮した彼は、100万円の元金を数百倍以上にまで大きくしました」といった文章で使用できます。

「才覚する」【さいかくする】

「才覚する」という表現は、「あれこれ苦心しながらお金・物を手に入れること」「必要なお金を工面すること」を意味しています。

例えば、「母が大学進学に必要な資金を何とか才覚してくれたおかげで、私は大学生になることができました」といった文章で使われています。



「才覚」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「才覚」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「才覚」を使った例文1
  • 「才覚」を使った例文2

「才覚」を使った例文1

「経営者としての才覚に恵まれていた彼は、どんな新規事業に着手しても失敗することがありませんでした」

この「才覚」を使った例文は、「経営者として、頭を素早く働かせながら問題に適切に対処する資質に恵まれていた彼は、どんな新規事業に着手しても失敗することがなかった」ということを意味しています。

「才覚」を使った例文2

「必要最低限のお金を才覚することができずに、二人の新婚生活は行き詰まってしまいました」

この「才覚」を使った例文は、「必要最低限のお金を苦心しても準備することができず、二人の新婚生活は行き詰まってしまった」ということを意味しています。

「才覚」と「才能」の意味の違い

「才覚」「才能」の意味の違いは、「才覚」という表現は「問題状況に応じて素早く知恵・機転・機知を働かせる能力」を意味していますが、「才能」という表現は「生まれながらに備わっている才知・能力・素質」「学習・訓練によって得られた能力」を意味しているという違いがあります。

「才覚」という言葉は、「その時々の状況に応じて、素早く頭を働かせて知恵・機転を活用すること」という意味に重点があります。

ビジネスやお金を稼ぐ行為に関して特に、「ビジネスの才覚がある・経営者の才覚を発揮する」といった表現で使われています。

それに対して、「才能」という言葉には「状況に対応した知恵・機転の活用」という意味のニュアンスがなくて、「生まれつきの才知・能力・資質+学習して獲得した能力・資質」に意味の重点があるという違いがあるのです。

「才覚」の類語や類義語・言い換え

「才覚」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「能力・資質」
  • 「機知・機転」
  • 「お金の工面・都合」

「能力・資質」

「才覚」の類義語・言い換えとして、「能力・資質」があります。

「能力」という表現は、「ある物事を成し遂げる力・問題を解決する実際の力」を意味しています。

「資質」という言葉は、「ある仕事・物事に対して優れた適性があって向いていること」を意味しています。

それらの意味から、状況に応じて知恵を働かせて対処する能力を示す「才覚」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「能力・資質」を指摘できます。

「機知・機転」

「才覚」の類語・言い換えには、「機知・機転」があります。

「機知」という表現は、「状況に応じて適切な知恵・知性を発揮できること、ウィットがあること」を意味しています。

「機転」という言葉は、「その場面に応じて、素早く頭・知恵を働かせること」を意味しています。

それらの意味から、その場に応じて素早く頭を働かせる「才覚」という表現は「機知・機転」という表現に言い換えられるのです。

「お金の工面・都合」

「才覚」の類義語・言い換えとして、「お金の工面・都合」があります。

「才覚」という表現には、「必要なお金・物を苦心して集めること」「金銭を何とか都合すること」の意味があります。

その意味から、「才覚」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「お金の工面・都合」という表現を上げられるのです。

「才覚」の英語と解釈

才覚 meaning in english

「才覚」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“resource”(基盤としての才能・資質や才覚)

“resourceful”(才覚や資質がある)

“quick-witted, quick-wittedness”(素早い機知がある・才覚がある・才覚)

“raise money”(お金を工面する・お金を才覚する)

  • “He has a quick-wittedness(resource) as a manager.”

“He has a quick-wittedness(resource) as a manager.”

「才覚」を使ったこの英語の例文は、「彼は経営者としての才覚を持っています」ということを意味しています。

icon まとめ

「才覚」という言葉について徹底的に解説しましたが、「才覚」には「頭を素早く働かせて物事(問題)に対応する能力」「有用な知恵の働き・状況に応じて機転が効くこと」などの意味があります。

「才覚」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「能力・資質」「機知・機転」「お金の工面・都合」などがあります。

「才覚」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。