意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「黙認」とは?意味や使い方!例文や解釈

「黙認」とは、「暗黙のうちに認めて許すこと」を意味する言葉です。

「黙認」「意味・読み方・使い方・黙認を使った言葉・例文と解釈・黙認と容認の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

黙認

Meaning-Book
「黙認」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「黙認」とは?
  • 「黙認」の表現の使い方
  • 「黙認」を使った言葉と意味を解釈
  • 「黙認」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「黙認」と「容認」の意味の違い
  • 「黙認」の類語や類義語・言い換え
  • 「黙認」の英語と解釈


「黙認」とは?

「黙認」という表現は、「言葉に出さずに(大っぴらにせずに)暗黙のうちに認めて許すこと」を意味しています。

「黙認」というのは、「不正・悪事などに対して、知らない振りをしてそのまま見逃すこと」を意味する表現なのです。

  • 「黙認」の読み方

「黙認」の読み方

「黙認」の読み方は、「もくにん」になります。



「黙認」の表現の使い方

「黙認」の表現の使い方は、「ある行為に対して、暗黙のうちに認めて許す場合」に使うという使い方になります。

また「黙認」というのは、「不正・悪事・違反などに対して、大っぴらにせずに知らない振りをして見逃す場合」にも使われる表現です。

例えば、「たとえ知り合いの警察官であっても、交通違反を黙認することは決して許されません」といった文章で、「黙認」の表現を使用することができます。

「黙認」を使った言葉と意味を解釈

「黙認」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「黙認する」【もくにんする】
  • 「違反の黙認」【いはんのもくにん】
  • 「黙認の形」【もくにんのかたち】

「黙認する」【もくにんする】

「黙認する」という表現は、「周囲に対して大っぴらにせずに、暗黙のうちに認めて許すこと」を意味しています。

例えば、「彼の頻繁な遅刻を、教師は黙認することにしているようでした」といった文章で使えます。

「違反の黙認」【いはんのもくにん】

「違反の黙認」という表現は、「法律・規則・ルールなどに対する違反行為を、暗黙のうちに大目に見て許すこと」を意味しています。

例えば、「違反の黙認という特別扱いは、監督者にとっても本人にとっても望ましいことではありません」といった文章で使用できます。

「黙認の形」【もくにんのかたち】

「黙認の形」という言葉は、「明らかな言葉・約束にはしていないが、暗黙のうちに認めているような形式」を意味しています。

例えば、「彼女の夏休み中の夜遊びに対して、両親は黙認の形になっていました」などの文章において使われます。



「黙認」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「黙認」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「黙認」を使った例文1
  • 「黙認」を使った例文2

「黙認」を使った例文1

「そのやる気のない数学教師は、生徒たちが授業中にLINEで私語をする行為を黙認しているような感じでした」

この「黙認」を使った例文は、「そのやる気のない数学教師は、生徒たちが授業中にLINEで私語をする行為を、暗黙のうちに認めて許しているような感じだった」ということを意味しています。

「黙認」を使った例文2

「親が子供の夜間外出・お泊まりを黙認することが、不良との交遊(不純異性交遊)を伴う非行行為の入口になってしまうことも多いのです」

この「黙認」を使った例文は、「親が子供の夜間外出・お泊まりを黙って認める(何も言わずに見過ごす)ことが、不良との交遊(不純異性交遊)を伴う非行行為の入口になってしまうことも多いのである」ということを意味しています。

「黙認」と「容認」の意味の違い

「黙認」「容認」の意味の違いは、「黙認」の表現は「大っぴらに認めたわけではないが、暗黙のうちに認めて許すこと」を意味していますが、「容認」の表現は「本来であれば認められないようなことを認めて許すこと」を意味しているという違いがあります。

不正行為・悪事を大っぴらにせずに暗黙の了解で許す時には「黙認」の言葉を使うことになりますが、不正・悪事を、隠さずに公言して許している場合(特にその人の裁量で大目に見て許している場合)には「容認」の言葉を使うという違いがあるのです。

「黙認」の類語や類義語・言い換え

「黙認」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「見て見ぬ振りをする・知らない顔をする」
  • 「目をつぶる・不問に付す」
  • 「看過・悪事を見逃す」

「見て見ぬ振りをする・知らない顔をする」

「黙認」の類義語・言い換えとして、「見て見ぬ振りをする・知らない顔をする」があります。

「黙認」という表現は、「悪事・不正などに対して、見て見ぬ振りをして見逃すこと」「知らない顔をして暗黙のうちに認めること」を意味しています。

それらの意味から、「黙認」の表現と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「見て見ぬ振りをする・知らない顔をする」という表現を上げることができます。

「目をつぶる・不問に付す」

「黙認」の類語・言い換えには、「目をつぶる・不問に付す」があります。

「黙認」という表現は、「悪事・不正に対して目をつぶって見逃すこと」「何か悪いことをしてもその責任を問わずに、不問に処すること」を意味しています。

それらの意味から、「黙認」という表現は「目をつぶる・不問に付す」という表現に言い換えることが可能なのです。

「看過・悪事を見逃す」

「黙認」の類義語・言い換えとして、「看過・悪事を見逃す」があります。

「看過」という表現は、「悪事・不正などを追及せずに見過ごすこと、見て見ぬ振りをすること」を意味しています。

それらの意味から、暗黙のうちに認めて許すことを示す「黙認」と近しい似た意味を持つ類義語として、「看過・悪事を見逃す」という表現を指摘することができるのです。

「黙認」の英語と解釈

「黙認」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“tolerate”(許容する・容認する・黙認する)

“overlook”(見逃す・見過ごす・黙認する)

“connive at~”(~を見て見ぬ振りをする・~を共謀する・~を黙認する)

  • “He connived at her vicious crime because of his distorted affection.”

“He connived at her vicious crime because of his distorted affection.”

「黙認」という言葉を使ったこの英語の例文は、「彼は歪んだ愛情によって、彼女の悪質な犯罪を黙認しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「黙認」という言葉について徹底的に解説しましたが、「黙認」には「暗黙のうちに認めて許すこと」「不正・悪事などを知らない振りをして見逃すこと」などの意味があります。

「黙認」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「見て見ぬ振りをする・知らない顔をする」「目をつぶる・不問に付す」「看過・悪事を見逃す」などがあります。

「黙認」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。