意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精励」の意味とは!類語や言い換え

「精励」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「精励」という言葉を使った例文や、「精励」の類語を紹介して行きます。

精励

Meaning-Book
「精励」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「精励」とは?
  • 「精励」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「精励」を使った例文や短文など


「精励」とは?

「精励」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事に精励する」などという使い方をした人もいるでしょう。

一方で、「精励」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「精励」という言葉の意味を紹介します。

  • 「精励」の読み方
  • 「精励」の意味

「精励」の読み方

「精励」「せいれい」と読みます。

少し難しい漢字のため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「精励」「せいれい」と読みましょう。

「精励」の意味

「精励」という言葉の意味を紹介します。

「精励」には、「精を出して励むこと」という意味があります。

「仕事に精励する」という言葉には、仕事に精を出して励むことという意味があります。

年度末などに仕事に精を出して励んだ経験がある人もいるでしょう。

このように「精励」には、「精を出して励むこと」という意味があります。



「精励」の類語や類似表現や似た言葉

次に「精励」の類語や類似表現を紹介します。

「精励」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「精出す」【せいだす】
  • 「勉励」【べんれい】

「精出す」【せいだす】

「精出す」には、「熱心に働く」「打ち込む」という意味があります。

「仕事に精出す」「熱心に仕事をする」という意味があり、「仕事に精励する」と似た意味があります。

「勉励」【べんれい】

「勉励」には、「学問や仕事などに励むこと」という意味があります。

「学生時代は、勉励するべきだ」という時は、学生として過ごす時期は、勉強に励むべきだという意味があります。

「精励」を使った例文や短文など

続いて「精励」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精励」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「精励」を使った例文1
  • 「精励」を使った例文2

「精励」を使った例文1

「A君はいつでも職場で『精励』する、模範的な社員だ」

ビジネスシーンで、いつも精を出して頑張っている人を見かけたことがあるかもしれません。

A君はそのようなタイプの人で、職場で「精励」する姿勢を見せる、模範的な社員ではないでしょうか。

他の人もA君の姿を見習い、「精励」することの素晴らしさを感じるかもしれません。

「精励」を使った例文2

「長い間『精励』していれば、一人前になれるかもしれない」

この例文には、長期間仕事や芸事などに精を出して励めば、一人前になれるかもしれないという意味があります。

ダンスを始めた人は、始めた頃は上手に踊れず表現力も低いでしょう。

しかし何年もダンスのレッスンに励んでいれば、いつかプロダンサーの様になれるかもしれません。



icon まとめ

「精励」という言葉について見てきました。

精を出して励んでいる人を見た時、自ら精を出して励んだ時に「精励」という言葉を使ってみましょう。