意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「永眠」とは?意味や使い方!例文や解釈

「永眠」とは、「死ぬこと・亡くなること・永遠に眠ること」を意味する言葉です。

「永眠」「意味・読み方・使い方・永眠の関連語・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「永眠」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「永眠」とは?
  • 「永眠」の表現の使い方
  • 「永眠」の関連語:「死」を意味する慣用句の意味の解釈
  • 「永眠」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「永眠」の反対語
  • 「永眠」の類語や類義語・言い換え
  • 「永眠」の英語と解釈


「永眠」とは?

「永眠」という表現は、「死ぬこと・亡くなること・永遠に眠ること」を意味しています。

「永眠」とは文字通り「永遠に眠ること」であり、「人間の死・死去・逝去」「永遠に眠っていて目が覚めない状態」に喩えている表現なのです。

「永眠」とは「永遠の眠りにつくようにして死ぬこと」であり、「安らかに亡くなる」という意味のニュアンスがあります。

  • 「永眠」の読み方

「永眠」の読み方

「永眠」の読み方は、「えいみん」になります。



「永眠」の表現の使い方

「永眠」の表現の使い方は、「人・ペットが死んだ時(亡くなった時)」に使うという使い方になります。

「永眠」は特に「安らかに人が亡くなった場合」に使われやすい表現になっています。

例えば、「祖母が95歳で天寿をまっとうして永眠しました」といった文章で使うことができます。

「永眠」の関連語:「死」を意味する慣用句の意味の解釈

「永眠」の関連語として、「死」を意味する慣用句の意味を解釈していきます。

  • 「息を引き取る・冷たくなる」
  • 「鬼籍に入る」【きせきにはいる】
  • 「巨星墜つ」【きょせいおつ】

「息を引き取る・冷たくなる」

「息を引き取る」という表現は、「生命活動の証である呼吸が停止して亡くなること・死ぬこと」を意味しています。

「冷たくなる」という表現は、「生きている証である体温が失われていき、死んだ人の身体の体温が下がって冷たくなること・死ぬこと」を意味しています。

それらの意味合いから、死ぬことを示す「永眠」の関連語として「息を引き取る・冷たくなる」を指摘できます。

「鬼籍に入る」【きせきにはいる】

「鬼籍に入る」という表現は、「死者が入るとされる鬼籍(あの世の戸籍)に名前を記載されること」であり、「死ぬこと・亡くなること」を意味しています。

その意味から、亡くなることを示す「永眠」の関連語として、「鬼籍に入る」を上げられるのです。

「巨星墜つ」【きょせいおつ】

「巨星墜つ」という表現は、「世の中に貢献した立派な人物がこの世を去ること」「社会・時代・組織に大きな影響力のあった人物が死ぬこと」を意味しています。

例えば、「巨星墜つ、若き日に時代を切り開いたあの英雄も老いてこの世を去るか」といった文章で使われる「永眠」の関連語となっています。



「永眠」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「永眠」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「永眠」を使った例文1
  • 「永眠」を使った例文2

「永眠」を使った例文1

「がんと懸命に闘病していた母でしたが、先週に容態が急変して意識を失い、そのまま安らかに永眠しました」

この「永眠」を使った例文は、「がんに対して必死に闘病していた母でしたが、先週に容態が急変して意識を失い、そのまま安らかに眠るようにして亡くなりました」ということを意味しています。

「永眠」を使った例文2

「人という存在は有限かつ無常の運命の中を生きているので、誰もがいずれは永眠することになりますが、それまでは全力で自分の人生を生きるべきです」

この「永眠」を使った例文は、「人という存在は有限かつ無常の運命の中を生きているので、誰もがいずれは死ぬ(この世を去る)ことになるが、それまでは全力で自分の人生を生きるべきである」ということを意味しています。

「永眠」の反対語

「永眠」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「生存・活動」

「生存・活動」

「永眠」の反対語として、「生存・活動」があります。

「永眠」という表現は、「生命が失われて生存・活動を停止すること」「死亡して生存・活動ができなくなること」を意味しています。

それらの意味合いから、「永眠」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「生存・活動」という言葉を指摘することができるのです。

「永眠」の類語や類義語・言い換え

「永眠」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「死亡・死去」
  • 「逝去・お亡くなりになる
  • 「他界・終焉」

「死亡・死去」

「永眠」の類義語・言い換えとして、「死亡・死去」があります。

「永眠」という表現は、「死ぬこと・生命が失われて眠るようにして死去すること」を意味しています。

それらの意味から、「永眠」とほとんど同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「死亡・死去」を指摘することができます。

「逝去・お亡くなりになる

「永眠」の類語・言い換えとして、「逝去・お亡くなりになる」があります。

「逝去」というのは、「人が死ぬことに敬意を込めた尊敬語的な表現・お亡くなりになること」を意味しています。

その意味合いから、「永眠」という表現は「逝去・お亡くなりになる」という表現に言い換えることができるのです。

「他界・終焉」

「永眠」の類義語・言い換えには、「他界・終焉」があります。

「永眠」という表現は、「死んで他界すること(現世とは他・別の世界に往くこと)」「生きている期間・寿命が終焉してお亡くなりになること」を意味しています。

それらの意味合いから、「永眠」と近しい良く似た意味を持つ類義語として、「他界・終焉」という表現を指摘することができるのです。

「永眠」の英語と解釈

「永眠」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“die”(死ぬ・亡くなる・永眠する)

“death”(死・逝去・永眠)

“pass away”(現世から去ってあの世や天国などに行ってしまうこと・死ぬ・永眠する)

“eternal sleep”(永遠の眠り・死亡を比喩的に表す永眠)

“pass on peacefully”(安らかに逝去する・安らかに永眠する)

“go to one's final rest”(最後の休憩に往く・死ぬ・永眠する)

  • “My grandfater went to his final rest at the age of 80.”

“My grandfater went to his final rest at the age of 80.”

「永眠」という言葉を使ったこの英語の例文は、「私の祖父は80歳で永眠しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「永眠」という言葉について徹底的に解説しましたが、「永眠」には「死ぬこと・亡くなること・永遠に眠ること」などの意味があります。

「永眠」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「死亡・死去」「逝去・お亡くなりになる」「他界・終焉」などがあります。

「永眠」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。