意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安請け合い」とは?意味や語源や言い換え!例文と解釈

皆さんは「安請け合い」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この表現で指摘されている人を見ると、何となく普段から軽率であったり、軽く物事を考えているようなイメージがあります。

そこで今回は、この「安請け合い」にフォーカスを当てて見ていくことにします。

Meaning-Book
「安請け合い」とは?意味や語源や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「安請け合い」とは?
  • 「安請け合い」の英語と解釈
  • 「安請け合い」の表現の使い方
  • 「安請け合い」を使った例文と意味を解釈
  • 「安請け合い」の類語や類義語・言い換え


「安請け合い」とは?

「安請け合い」とは、「あまり物事の内容を深く考えずに簡単に引き受けてしまうこと」「頼まれていることが本当にできるかどうか確信が持てないのに、簡単に請けおってしまうこと」を意味しています。

このような「安請け合い」をする人は、相手の熱い思いを冷静に理解することなく、何も考えずに引き受けてしまうので、とても軽い人間というように認識されてしまうことがあります。

  • 「安請け合い」の読み方

「安請け合い」の読み方

「安請け合い」「やすうけあい」と読みますので、ここで間違いのないようにしっかりとチェックしておいてください。



「安請け合い」の英語と解釈

「安請け合い」を英語に訳すと“easy promise”という言葉で表現することができます。

「安請け合い」の表現の使い方

「安請け合い」とは、「物事の状況を深く考えすに、相手の要望を簡単に引き受けてしまうこと」という意味があるので、ビジネスの場面でも、取引先や社内の同僚などから頼まれた事を簡単に受けてしまうような人を指して使うことになります。



「安請け合い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「安請け合い」を使った例文も見ながら具体的な活用シーンをイメーしてみることにします。

  • 「安請け合い」を使った例文1
  • 「安請け合い」を使った例文2

「安請け合い」を使った例文1

「安請け合いする人は、普通の人と比べてみると、相手の要請を拒否することが少なくて、すぐに了承してしまうことが多いです」

「安請け合い」をしてしまう人は相手のお願いごとをすぐにOKしてしまうものですが、頼まれた内容を「自分に簡単にできるだろう」と判断するのですが、これは自分に自信があるのではなく、ものごとを楽観的に考えすぎるためです。

客観的に判断するのではないために、甘く考えているので、後から苦労することが少なくありません。

「安請け合い」を使った例文2

「あんな無理なお願いを安請け合いする必要はなく、ハッキリと断ればいいのに、うちの課長が困ったものだ」

会社でもこのようなお人好し的な人があなたの周りにいるかもしれませんが、それが自分の上司であったなら、そういう人は優しい性格でもあるのですが、部下が苦労することになります。

穏やかで優しい性格のために、できるだけ相手のことを叶えてあげたいという気持ちがあります。

そのために人から要望されたり、頼まれごとをされると、その人の希望に応えるべく、断ることができません。

また、断ることで相手が困ることさえ心配するのです。

優しい性格の人ではあるものの、「安請け合い」してしまう人は、性格的に軽い人というイメージも持たれてしまいます。

「安請け合い」の類語や類義語・言い換え

「安請け合い」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「軽率に引き受ける」【けいそつにひきうける】
  • 「無責任に引き受ける」

「軽率に引き受ける」【けいそつにひきうける】

「軽率に引き受ける」「安請け合い」の類義語の1つとして挙げることができます。

「頼み事や仕事などを先のことを深く考えずに簡単にすぐに請け負うこと」という意味で解釈することができます。

「無責任に引き受ける」

「無責任に引き受ける」という言葉「安請け合い」に近い意味を持つ言葉で、「頼まれごとの責任の重さを考えずに簡単に受ける」という意味となります。

icon まとめ

「安請け合い」の意味や活用法を例文形式で紹介してきましたが、どのような意味で使われるか、理解頂くことができたかと思います。

この言葉は、ある意味、物事に取り組む時は熟慮することを警鐘しているような気がしてなりません。