意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪運が強い」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「悪運が強い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪運が強い」という言葉を使った例文や、「悪運が強い」の類語を紹介して行きます。

悪運が強い

Meaning-Book
「悪運が強い」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「悪運が強い」とは?
  • 「悪運が強い」の誤用
  • 「悪運が強い」を使った例文や短文など


「悪運が強い」とは?

「悪運が強い」という言葉を知っているでしょうか。

同じ職場に「悪運が強い」と感じる人がいるかもしれません。

一方で、「悪運が強い」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「悪運が強い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「悪運が強い」の読み方
  • 「悪運が強い」の意味

「悪運が強い」の読み方

「悪運が強い」「あくうんがつよい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「悪運が強い」「あくうんがつよい」と読みましょう。

「悪運が強い」の意味

「悪運が強い」という言葉の意味を紹介します。

「悪運が強い」には、「悪いことをしても報いを受けず、栄えるような運」という意味があります。

例えば悪いことをしたのに、報いを受けるどころか、それをきっかけに栄えるような人は「悪運が強い」と言えます。

スキャンダルを利用して、スターダムにのし上がる芸能人が時々現れますが、「悪運が強い芸能人」と言えるでしょう。

このように「悪運が強い」には、「悪いことをしても報いを受けず、栄えるような運」という意味があります。



「悪運が強い」の誤用

「悪運が強い」という言葉を、間違った使い方をしている人がいます。

例えば事故に遭ったのに、ケガ一つなかったという出来事に対して、「彼は事故に遭ったのにケガ一つしないとは、悪運が強い」などと言います。

このように、悪い出来事があった割には、被害を受けていないような時に、「悪運が強い」という言葉を使うケースがあります。

しかし、「悪運が強い」には、「悪いことをしても、報いを受けず、かえって栄えるような運」という意味があります。

「悪い時の運が良い」のではなく、「悪いことをしたのに運が良い」という風に覚えておきましょう。

このように「悪運が強い」という言葉を、間違った使い方をしないよう、気を付けましょう。

「悪運が強い」を使った例文や短文など

続いて「悪運が強い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「悪運が強い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪運が強い」を使った例文1
  • 「悪運が強い」を使った例文2

「悪運が強い」を使った例文1

「グレーゾーンの仕事から、一流の仕事をゲットした彼は『悪運が強い』」

この例文のように、仕事として正当とはいいがたいような仕事をきっかけに、一流の仕事を得られるような人は、「悪運が強い」と言えるでしょう。

褒められた仕事ではない仕事から、みなが素晴らしいと認めるような仕事に結び付けるような運を持っているためです。

会社創業時は、何でもいいから仕事を得たような会社が、成長して立派な仕事だけを手掛けるようになることがあります。

このような会社の創業者も「悪運が強い」と言えるかもしれません。

「悪運が強い」を使った例文2

「女性にいじわるしようと近づいて、カップルになるとは『悪運が強い』」

この例文のように、真剣に付き合おうとして女性に近づいたのではなく、いじわるをしたり、いたずらをしようと近づいたのに、結果的にカップルになる時、「悪運が強い」と言えるかもしれません。

悪いことをしたのに、報いを受けず、素敵な彼女ができて得をしたためです。



icon まとめ

「悪運が強い」という言葉について見てきました。

誰かが悪いことをしたのに、何の報いを見せないばかりか、かえって栄えている様子を見た時などに、「悪運が強い」という言葉を使ってみましょう。