意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「静謐を湛える」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「静謐を湛える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「静謐を湛える」という言葉を使った例文や、「静謐を湛える」の類語を紹介して行きます。

静謐を湛える

Meaning-Book
「静謐を湛える」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「静謐を湛える」とは?
  • 「静謐を湛える」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「静謐を湛える」を使った例文や短文など


「静謐を湛える」とは?

「静謐を湛える」という言葉を知っているでしょうか。

「静謐を湛える」別荘地などに行くことを楽しみにしている人もいるでしょう。

一方で、「静謐を湛える」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「静謐を湛える」という言葉の意味を紹介します。

  • 「静謐を湛える」の読み方
  • 「静謐を湛える」の意味

「静謐を湛える」の読み方

「静謐を湛える」「せいひつをたたえる」と読みます。

「静謐」「せいひつ」「湛える」「たたえる」と読みます。

かなり読み方が難しいため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「静謐を湛える」「せいひつをたたえる」と読みましょう。

「静謐を湛える」の意味

「静謐を湛える」という言葉の意味を紹介します。

「静謐」という言葉には、「静かで穏やかな様子」という意味があります。

例えば「静謐な夜」という時は、「静かで穏やかな夜」という意味になります。

また「湛える」という言葉には、「いっぱいに満たされている」「あふれるほど何かがある様子」という意味があります。

そのため「静謐を湛える」には、「静かで穏やかな様子が、いっぱい」という意味になり、「とても静かで穏やかだ」という意味になります。



「静謐を湛える」の類語や類似表現や似た言葉

次に「静謐を湛える」の類語や類似表現を紹介します。

「静謐を湛える」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「静寂」【せいじゃく】
  • 「平静」【へいせい】

「静寂」【せいじゃく】

「静寂」には、「静かで物寂しい」という意味があります。

「一人暮らしの部屋に、静寂を感じる」という時は、一人暮らしの部屋は話し声がしないため、静かで物寂しいという意味があります。

賑やかな家庭で育ったタイプの人は、「静寂」が辛いかもしれません。

「平静」【へいせい】

「平静」には「落ち着いていて静かな様子」という意味があります。

「平静な毎日を送る」という時は、落ち着いていて静かな毎日を送っているという意味があります。

特段良いことがなくても、悪いことや騒々しいことが起こらなければ、それなりに楽しいものです。

そのような毎日は「平静」と表現できます。

「平静を保つ」「平静な心持ちで仕事に臨む」などという使い方をします。

「静謐を湛える」を使った例文や短文など

続いて「静謐を湛える」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「静謐を湛える」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「静謐を湛える」を使った例文1
  • 「静謐を湛える」を使った例文2

「静謐を湛える」を使った例文1

「雪が降った夜、街は『静謐を湛えていた』」

この例文は、雪が降った後、夜の街がとても穏やかで静かな様子だったという意味があります。

雪が積もると、音を吸収する作用を発揮するため、いつもよりも物音がしなくなります。

「静謐を湛える」と感じられるかもしれません。

「静謐を湛える」を使った例文2

「『静謐を湛える』喫茶店で、読書を楽しんだ」

この例文はとても穏やかで静かな雰囲気の喫茶店で、一人静かに読書を楽しんでいる人の様子を文章にしたものです。

喫茶店はお店によって雰囲気が違い、会話を楽しむ店もあれば、静かに読書を楽しむ雰囲気の店もあります。

読書を楽しめるタイプの喫茶店の様子は「静謐を湛える」と表現できるでしょう。



icon まとめ

「静謐を湛える」という言葉について見てきました。

とても静かで穏やかな様子だと思った時、そのような場所に行った時に、「静謐を湛える」という言葉を使ってみましょう。