意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「静謐な空気」の意味や類語、例文を紹介

「静謐な空気」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「静謐な空気」という言葉を使った例文や、「静謐な空気」の類語を紹介して行きます。

静謐な空気

Meaning-Book
「静謐な空気」の意味や類語、例文を紹介>


目次

  • 「静謐な空気」とは?
  • 「静謐な空気」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「静謐な空気」を使った例文や短文など


「静謐な空気」とは?

「静謐な空気」という言葉を知っているでしょうか。

「職場が静謐な空気に満たされている」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「静謐な空気」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「静謐な空気」という言葉の意味を紹介します。

  • 「静謐な空気」の読み方
  • 「静謐な空気」の意味

「静謐な空気」の読み方

「静謐な空気」「せいひつなくうき」と読みます。

「静謐」「せいひつ」「空気」「くうき」と読みます。

これを機会に「静謐な空気」「せいひつなくうき」と読みましょう。

「静謐な空気」の意味

「静謐な空気」という言葉の意味を紹介します。

「静謐な空気」には、「静かで穏やかな空気」、または「静かで穏やかな雰囲気」という意味があります。

「空気を読む」という言葉がありますが、「空気」には「その場の雰囲気」という意味もあります。

そのため「静謐な空気」には、「静かで穏やかな空気」という意味も含まれます。

職場が「静謐な空気」という時は、職場の雰囲気が静かで穏やかだという意味になります。



「静謐な空気」の類語や類似表現や似た言葉

次に「静謐な空気」の類語や類似表現を紹介します。

「静謐な空気」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「太平の世の中」【たいへいのよのなか】
  • 「平静な雰囲気」【へいせいなふんいき】

「太平の世の中」【たいへいのよのなか】

「太平の世の中」には、「社会が平和で穏やかな様子」という意味があります。

「太平の世の中を目指す」などという使い方をします。

「平静な雰囲気」【へいせいなふんいき】

「平静な雰囲気」には、「静かで穏やかな雰囲気」という意味があります。

「平静な雰囲気のカフェ」などという使い方をします。

「静謐な空気」を使った例文や短文など

続いて「静謐な空気」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「静謐な空気」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「静謐な空気」を使った例文1
  • 「静謐な空気」を使った例文2

「静謐な空気」を使った例文1

「『静謐な空気』だった職場が懐かしい」

この例文は、以前の職場は穏やかで静かな雰囲気だったが、現在は違うため、以前の様子が懐かしいという意味になります。

居心地のいい場所も、時が過ぎれば居心地が悪くなるかもしれません。

「静謐な空気」の場所が、いつまでもそのままというわけには、いかないのかもしれません。

「静謐な空気」を使った例文2

「山のテント場は『静謐な空気』が漂っている」

この例文は、山のテント場に宿泊した人が、静かで穏やかな雰囲気、さらに空気を感じているという場面になります。

山のテント場は静かで穏やかな雰囲気なだけでなく、実際の空気も澄んでいて気持ちがいいでしょう。

まさに「静謐な空気」と呼ぶのにふさわしい場所かもしれません。



icon まとめ

「静謐な空気」という言葉について見てきました。

静かで穏やかな空気や雰囲気を感じた時、「静謐な空気」という言葉を使ってみましょう。